わたしはトマトになりたい【無肥料自然栽培農家 明石農園 研修65日目(2016年5月24日)】

こんにちは。

自然栽培農家見習いのかとうまさや(ましゃ)です!

 

何かのドラマ&映画のタイトルに似ている気がしますが、、、。笑

 

 

 

今日もトマトの誘引

さて、昨日は明石農園研修65日目でした。

昨日は日、月に比べて過ごしやすい天気でした。

2016:5:24明石農園5

 

この日もトマトの誘引をしました。

これはステラミニトマト。

2016:5:24明石農園1

 

これは中玉トマトのメニーナ。

2016:5:24明石農園2

 

実が付いていますよ。

2016:5:24明石農園3

 

トマトを触っていると手が結構汚れるんです。

2016:5:24明石農園4

 

 

トマトから学ぶ人生論

わたしはトマトになりたい

トマトに限らずですが、野菜を見ていると生命力がすごいなと思います。

今回のトマトの芽かきに関しても、せっかく成長させた側枝(脇芽)を人間が取っちゃうんですから、トマトにとっては大きなショックです。

でもそれでも生きることを諦めることなく、他の枝や葉っぱ、実に栄養素を集中させて次の世代へと命をつなぐことに全力で生きています。

しかもトマトは水がない方が甘くなるんですよ。不思議ですね。

野菜によって水が好きだったりそうでなかったりと一律ではなくそれぞれ特徴があって違っているんです。

 

ぼくも自分なりの特徴を生かして、トマトのように強く強く生きたいと思います。

 

 

変化を恐れない人がうまくいく

明石農園では毎年トマトの栽培方法が変わっているそうです。

トマトの側枝(脇芽)の角度だったり、側枝(脇芽)を何本残すのか、雨よけをするのかしないのか、などなど。

変化を恐れずに色々とチャレンジされてます。

 

 

このように変化を恐れずに自ら変化していく人が人生うまくいくんだと思います。

変えること変わることは怖いことかもしれませんが、人の体の細胞も常に生まれ変わっていますし、この世は諸行無常なんです。

変わることは当たり前なんですよ。

当たり前なんだから、受け身で変わるよりも自ら変える方が楽だと思いませんか?

受け身だと心の準備ができていないので、その変化に戸惑ってしまいますが、自ら変えるのだったら気持ちの整理もついているので状況を受け入れやすいですよね。

例えば、恋人に振られるのと恋人を振るのとだったらどっちが楽ですか?

どっちかといったら振る方が心の準備もできていて気持ちが楽ですよね。

例えば、会社をクビになるのと自ら退職するのとではどっちが楽ですか?

自ら退職することを選んだ方が楽ですよね。

 

ぼくたちは選択ができます。

全てではないですが。

 

どうせ変わるなら自ら変えていっちゃった方が絶対にいいですよ!

 

 

まとめ

今日のブログいかがでしたか?

正直今日は全く文章がかけずに更新するのがこの時間になってしまいました。

読むのは20秒くらいでしょうが、書くのはものすごく時間がかかります。

もっと頭の中から文書がスムーズに出てくるようになれたらいいのですが、とりあえず数をこなすことでしょう。

 

このブログが読んでていて楽しいと思っていただけるよう頑張りますね。

 

 

オススメです

ぼくのブログをスマホで見てくださる方が多いみたいなので、プッシュ通知ができるようにしました。

まずは以下のボタンをクリックしてPush7のアプリをダウンロードしてください。

そのあとに登録していただければ更新時にスマホに通知がいきます。(PCでも登録できます)

登録は無料です。

 

 

春野菜のランキングベスト10

自然栽培農家見習いの好きな春野菜ベスト10はこれだ!

4月の人気記事ランキングを出しました!

2016年4月の人気記事ランキングトップ10

日高くるくるねっとの最新の活動報告です!

目指せそば打ち名人!くるくるそば道場へ参加してきました!(2016年4月)

ぼくレンタルできますよ!笑

かとうまさやレンタル始めましたー!!!

日高くるくるねっとでは仲間を募集しています!

日高くるくるねっとに参加しませんか?     

rainn@友達追加

LINE@も始めたので、今すぐ登録を〜↓

友だち追加

関連コンテンツ広告 アドセンス



-埼玉県, 明石農園 研修日記, 未分類, 無肥料自然栽培, 農業, 野菜
-,