ぼくのアトピー履歴書

こんばんは。

かとうまさや(ましゃ)です!

 

なんとか日付が変わる前にブログを更新!

毎日書くって決めたので、絶対に続けます。

 

 

さて、ぼくのアトピー履歴書ってのを書いてみたいと思います。

 

別に同情を買うつもりで書いていないので、「へぇ〜、そうなんだ〜」程度で軽く読んでくださいね。

 

アトピー履歴書

生まれた時からアトピー

ぼくは生まれた時からアトピーでした。

特定の食べ物で反応することはなく、汗書いたり乾燥したり、体温があがったりすると痒くなりました。

小さい頃のビデオとか見ると、常にどこかしらかいている姿がありました。

小学生の頃はアトピーの大変さより、ぜんそくの方がひどくて、そこまで気にならなかったように思います。

小さい頃からステロイド剤を使っていて、痒みが出ると塗っていました。

 

一番ひどくなったのが高校3年生の部活を引退したあとです。

特に膝の裏の湿疹がひどかったです。

普段はズボンを履いているので、見られることはなかったのですが体育のときは短パンだったので、人に見れれるのがもう嫌で嫌で仕方がなかったです。

高校卒業後の浪人時代も薬を使ってなんとか誤魔化してきたけど、調子は良くなかったです。

 

人生初の脱ステロイドへ

大学入学前に母から宇都宮にある「アーデンモア」って所を紹介してもらい、通うことにしました。

そこでは薬は悪者だと教えられ、ぼくもそれを信じて人生初の脱ステロイドを決行しました。

かなりのお金を投じて治療にあたり、超しみるローションのようなものとオイルを塗るスキンケアを毎日することと汗をかくこと、あとは変なバイブレーターでツボを押すことを指導されました。

 

まあ、脱ステロイドしたので当然ものすごいリバウンドに。

自分でもびっくりするくらい体の調子が悪くなり、大学生活を送るのも困難になりました。

(思い出すだけで悲しくなりますが、この時のぼくは人と接することを避け、大学時代は友達がいなかったです)

 

やはり肌への影響が一番で、ジュクジュクしたり逆に乾燥したり。

ジュクジュクしてるのは浸出液が出でいるからだそうで、これが服に付いて乾いて、剥がす時痛い痛い。

乾燥すると肌がボロボロと落ちて、これもすごかった。

布団とか毎日シーツを洗わないといけないくらいで、自分で皮膚カスを見るのも辛かったです。

あとは頭皮が落ちて、肩の上に積もってたりもよくあること。

保湿のオイルを塗っても効果はほとんどなし!

化学繊維の服は、肌に引っかかったり超ムズムズして今でもほとんど着ないです。

 

あとは、痒み!

痒くて寝れないのは日常で、シーツは血だらけ。

掻き出したら他の部分にもかゆみが移って、何度も発狂しそうになりました。

掻いて肌を傷つけて痛くなって、それでもかゆいから掻く。

こんな循環から抜け出したいけど、抜け出せない。

この苛立ちを人にぶつけるわけにもいかず、部屋の壁を殴って殴ってボロボロにしてしまったりもしました。

 

食べ物が体を作っていることに気づく

超当たり前のことですが、ぼくたち人間の体って食べたもので100%できているんですよね。

そんなことに気づいたのが、2009年大学4年の夏頃。22歳。

まずは主食のお米から変えようと思い、無農薬・無化学肥料の玄米を食べ始めました。

 

脱ステロイドからの脱退

2010年5月頃、約4年間脱ステロイド生活に終わりを告げました。

アーデンモアでは好転反応好転反応って言われて、最初は信じて頑張っていたけど、もう限界でした。

脱ステロイドをしていても全くと言っていいほど治る気配がなく、逆に辛くなるばかりの日々。

 

その頃していたバイトも休みがちになり、これではいけないと思い、すがる思いで皮膚科へ行きました。

 

再び薬を使い始める

そして皮膚科ではステロイド剤を処方され飲み薬と塗り薬の両方を使うようになりました。

これが劇的に効いて、今までの苦労が嘘だったように普通に近い生活ができるようになりました。

もう「薬ありがとう!」って感じで、いろいろとアクティブに行動できるようになりました。

例えば、この年の夏頃から様々な農家さんへのお手伝いを開始しました。

 

薬と食事

この頃ぼくの中でアトピー治療の方針は、薬を使いつつ徐々に減らしていって、食べ物で体の中からよくしていくことでした。

オーガニックのもの、無農薬・無化学肥料の野菜、天然醸造の調味料、無添加のもの、遺伝子組換えでないもの、地域のもの、などを選んで食べるようにしていました。

時期は2010年〜2012年10月ごろ。

チョコレート中毒だったのはこの頃です。苦笑

参考:ぼくがチョコレート中毒から抜け出して3つのステップ

 

再び脱ステロイドへ

そして2012年10月ごろ再び脱ステロイドを結構!

それまでなんとなく薬を減らしてきていていたので、使わなくても大丈夫そうだなと思ったので思い切ってステロイド剤を使うのをやめてみました。

そしたら、使ってても使わなくても症状は変わりなく生活できたので、この日以来薬は使っていません。

 

現在

2016年1月現在、もちろんステロイド剤を使うことなく生活していますが、ストレスがあったり睡眠不足になったりするとアトピーの症状が悪化します。

 

あとは、汗かいたり、乾燥したりすると痒くなるのは変わらずで、ここ3年ほど特別な変化はあまり見られていません。

唯一アトピーの症状が改善したなと思うのは、断食をした時です。

1食抜いたり、1日何も食べなかったり、数日抜いてみたり、2泊3日の断食合宿に参加したりすると皮膚の保湿機能が改善され、痒みも緩和されてかなり楽になります。

 

これを続けていけばいいのかどうかはまだまだ人体実験が必要なのですが、断食が終わると元に戻る感じなので、実際のところどうなんですかね?

 

まとめ

アトピーの症状はみんなだいたい一緒だと思うのですが、治し方は十人十色な感じがします。

薬を使ってた
けど治っちゃったっていう人もいましたし、糖質制限したら治ったとか、菜食にしたら治ったとか。

だから自分にあった方法をそれぞれ模索していくのがいいんじゃないかな。

少しでもぼくの体験がアトピーの人のためになればと思って書きました。

 

アトピーが治った人へ

最後に、アトピーを治した人。

どのようにして治したのかを教えてください!

あなたの体験が今現在アトピーで苦しんでいる人の役に立ちます。

そしてその体験をこのブログで共有していけたらと思っています。

ぜひぜひ以下のアドレスまで連絡ください。

info@kakinokimata.jp

あなたの行動がアトピーの人を救います。

お待ちしています!

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年しょっぱなから恥かいてます!

大変です!新年早々大赤字〜!

日高くるくるねっとでは仲間を募集しています!

日高くるくるねっとに参加しませんか?

rainn@友達追加

LINE@も始めたので、今すぐ登録を〜↓

友だち追加

関連コンテンツ広告 アドセンス



-アトピー, 健康, 未分類