竹取物語

こんにちは〜♪

無肥料自然栽培農園「ののの農園」の農園主”かとうまさや”です♪

 

 

竹取物語

竹取ってきました。

少しだけですが。

 

なにに使うかというと、トマト、なす、ピーマン、万願寺とうがらしの支柱としてです。

トマトだけで300本必要で、一本180円くらいなので、54000円!

一回買っちゃえば長く使えるんだろうけど、今後いろいろとお金がかかることを考えると躊躇しました。

そこで考えた結果、竹を使おうということになりました。

農家の中では、竹の支柱だけでやっている人もいますが、うちは仕方がなく竹で!笑

 

 

おじいちゃんが借りている畑の奥に竹藪があり、そこから細めの竹を選んでカット。

竹は枝がついててそのままでは使えないので枝を落とす↓

 

 

最初はノコギリでチャレンジしてみたけど、うまくいかずおじいちゃんに取っ手が壊れているナタを借りてそれでやったら、すごく早くできました↓

 

 

トマト用としては、2.1cmの長さは必要なので、同じくらいの長さでそろえてカット↓

 

今回は1時間弱で25本取れました。

 

まだまだ足りないので、また時間を作っていかねばなりません。

竹藪って蚊が多くって、今年初蚊に刺されました。汗

そんなことも知らずに無防備でいったのが、いけなかったですね〜。

 

 

トマトの支柱

父方の亡くなったおじいちゃんが使っていた支柱が余っていたので、それを25本ほどもらってきたので、まずはその支柱を立ててみたら、結構畑らしくなってきましたよ〜↓

今回取ってきた竹は土に触れる部分をバーナーで焼く予定です。

こうすることで少しは長持ちするかな〜って思っています♪

 

 

 

まとめ

今回積極的な理由ではなく竹を支柱にすることになりましたが、やってみると「案外いいかも!」ってなるかもしれないので、どうなるのか楽しみです!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です