手作業の大豆選別はこうやっています!

こんばんは〜!

自然栽培農園「ののの農園」の農園主"かとうまさや”です♪

 

 

大豆選別ってこうやっています!

少しづつ選別終わったものから販売している大豆!

冬場にこたつに入りながら選別しています^^

 

完成品がこちら↓

こちらは行田市の在来種、行田在来青大豆!

枝豆はあまり取れなかったのですが、大豆としてはなんとか収穫できました。

 

 

2品種栽培してて、こちらは借金なし大豆!

ネーミングでインパクトがある大豆で、こちらは人気で売り切れ!

今年増産できればな〜って思っています♪

 

 

大豆は収穫して、乾燥させて、そのあと脱穀!

この脱穀が結構手間で、大変でした。

知り合いに足踏み脱穀機を借りて来て、地道に脱穀をしました。

 

脱穀が終わったら、唐箕という風でゴミを飛ばす機械を使って、ゴミ取り。

まだまだここで終わりではないんです。

そのあとは、形の悪い大豆などを手で選別。

それをこたつでコツコツとやって、やっと製品化です!

 

唐箕でゴミを取り除いた大豆を家に持ち帰り、バットに広げて一個一個手で選別します♪

 

虫食いだったり、色が変だったり、形が小さいものなどを取り除きます。

 

 

だいたいこのぐらいの量をバットに取ります↓

 

そして選別し終わった大豆がこのくらいになります↓

 

これをエンドレスに続けてやっとの事で、完成になります^^

 

 

しかし!

先日研修先だった明石農園さんで大豆選別機を借りているとのことで、少しだけ選別させていただきました。

その機械がこれです↓

電気で動く選別機で、傾斜を利用して大豆を選別するものです。

最終的に少し人の手が必要なのですが、実はこれまだプロトタイプらしいです。

今後の進化を期待しています^^

 

明石農園さんで選別させていただいた大豆ですが、

やはり最終的には人の手でチェックするのが確実なので、

あと4kgほどなので頑張ります!

 

 

まとめ

機械化できれば楽でいいのですが、

今は地道に手作業でやっています^^

将来的には機械買いたいです!!!

 

こんな感じでののの農園の大豆は製品化されています〜♪

 

 

 

rainn@友達追加

LINE@も始めたので、今すぐ登録を〜↓

友だち追加

-無肥料自然栽培, 農業