なす・ピーマンなどの播種準備♪

こんにちは〜。

無肥料自然栽培農園「ののの農園」の農園主”かとうまさや”です♪

農園での作業内容をブログでお伝えするのがすこし時差がでてきてしまっています。

最新の情報を知りたい方は、インスタグラムやフェイスブックページをご覧になってください♪

インスタグラム → https://www.instagram.com/nononofarm/

フェイスブックページ → https://www.facebook.com/nononofarm/?fref=nf

 

なす・ピーマンなどの播種準備

さて、3月28日になすやピーマンのタネ蒔きをしようと思って、研修していた明石農園の明石さんに電話したところ、トマト・なす・ピーマンなどは発芽を促すために、湿らせた布にタネを包んで、3日ほどポケットなどで人肌の温度で温めておくと発芽しやすいというのを聞きました。

そういえば「これ去年やってたな〜」と思い出しましたが、忘れっぽいぼくはすっかり忘れていました!笑

 

さっそくいらない布を引っ張り出してきて今年の栽培に必要な分だけタネを包みました↓

 

 

これはなす↓

 

 

これはピーマンかな↓

 

これは万願寺とうがらしかな↓

 

タネアートで遊んだりしながら↓

 

 

包んだのは、真黒なす、みどりなす、ピーマン、万願寺とうがらしです。

このタネはすべて研修していた明石農園で自家採種をしていたものをいただきました^^

 

わからなくならないように、マスキングテープで名前を書きました↓

かわいいでしょ♪

 

あとは、ビニール袋に入れて完了↓

 

胸ポケットとか、ズボンのポケットなどに入れて、人肌に温めてあげると発芽が促進されて、根っこがでてくるそうです。

泉ちゃんは「え〜、そんなことするの〜。かわいい〜。」って言ってました。

いずみちゃんはピーマンが苦手だけど、こんな風に育てたら好きになっちゃうかもね!笑

ポケット育ちの愛情たっぷり夏野菜ができたらぜひご賞味ください^^

 

 

まとめ

冬の葉物野菜だったら畑に直接タネを蒔けばいいのですが、夏野菜となると手をかけてあげないといけないので、育てるほうとしても愛着がわきます^^

手がかかる子供のほうがかわいいって言うじゃないですか〜?

その分収穫できるのが超楽しみっス!!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です