料理嫌いを克服する3つの方法!その1

こんにちは〜!

自然栽培農園「ののの農園」の農園主"かとうまさや”です♪

 

 

料理嫌いを克服する方法!

質問です。

あなたは料理好きですか?

 

ぼくは料理は好きではありません!

 

 

カラダで表すとこんな感じ↓

嫌いでもないけど、やらなくていいならやりたくありません!

料理するよりも食べる方がはるかに好きです♪

 

前に、髪を切ってもらっていた美容師さん(女性)が

「料理がストレス解消になる」って言っていたのですが、

ぼくにとっては信じられません。笑

 

じゃあ、外食すればいいのか?

でもそもそも、日高には東京のようにそんなにたくさんのお店がありません。

少し遠出したとしても、美味しい満足のいけるものを提供しているお店はほぼありません。

 

だったら自分で作った方がいいと思って、

料理していますー。

 

まあ、将来的には定期的に出張料理人を呼んでご飯を作ってもらいたいな〜って思っています^^

 

 

さて、そんな料理が好きではないぼくですが、

でも料理しています!

 

なぜか?

 

それは、

料理が好きではないぼくが、

料理し続けているのは、

3つのことを気をつけたからだと思うんです。

 

この3つのことをできるところから取り入れていければ、

料理するのが苦痛ではなく、

「まあ普通かな〜」くらいにはなるかと思っています!笑

 

 

料理嫌いを克服する3つのこと

それは以下の3つだと思っています!

 

1、食材を良質なものにすること

2、料理する道具を好きなものにすること

3、キッチン周りを整理整頓すること

 

それぞれ理由を説明しますね♪

 

1、食材を良質なものにすること

まずは、一番大事なのが食材!

特に野菜!

どんなに料理の腕があっても、

食材の質には敵いません!

 

たまに他の農家が作った野菜を食べる機会がありますが、

怒られちゃうかもしれませんが、

正直に言うとあんまり美味しくないんですよ〜。

 

あの有名な星野リゾートに去年行って食事してみても、

やっぱり自分たちで作った野菜や、

他の自然栽培農家が作った野菜の方が

断然うまいな〜って思います^^

 

なぜ美味しくない野菜が出回ることになってしまったかと言うと、

おそらく消費者がそれを求めたからだと思います!

 

スーパーで並んでいる野菜を選ぶ基準が、

どの農家とかではなく、

形が綺麗で整っているものを買い手が選んでいるので、

それに合わせ農家は形がいいのを作ります。

味は二の次で!

 

そうすると種苗会社も販売先は農家なので、

農家の求めるたねを作ります。

生育が良く病気に強く形がいいものを!

 

日本ではこの流れが出来上がってしまっているので、

野菜の味はどんどん落ち、

形だけが綺麗なものが並ぶようになってしまったのだと思います。

 

だから家庭で料理しても

美味しいものが作れない、

子どもが野菜を食べてくれない、

と悩んでいるあなた!

それはあなたのせいではなく、

農家のせいかもしれません。。。

 

その野菜を味にこだわっている農家のものに切り替えるだけで、

だいぶ!

だいぶ!

料理が楽になります。

 

だって野菜そのものに味があるので、

余計な手間は加えなくてOKなんですもの。

 

種苗会社がどういった野菜を作っているのかは知り合いの農家が書いた、これを読むとわかりやすいかと思います↓

https://forbesjapan.com/articles/detail/19275

 

 

 

さて、野菜だけで熱く語りすぎましたが、

食材は野菜だけではありませんよね。

 

肉や魚もそうですし、

加工食品も、調味料もあります。

 

高ければいいってものではないですが、

ぼくが感じるに「肉」に関しては、

高いものの方が美味しいです。

 

調味料も同じ。

醤油でいうと地元日高市にある弓削多醤油が最高に美味しいです。

日高つながりだと、サイボクハムの肉も美味しいです。

加藤牧場の牛乳やヨーグルトも美味しかったです^^

 

今ではスーパーでもこだわりの調味料が見受けられるようになりましたが、(時代は変わったな〜)

一番いいのは近くのオーガニックショップや自然食品店に行って買うのがいいでしょう♪

 

うちはスーパーを利用しつつ、有機の里という自然食品店を利用しています♪

 

また、近場にそういうお店がない場合は、

ネットで買うのもいいでしょう♪

 

3つのことの中で、

一番効果が現れるのが食材の質を上げることなので、

ぜひ試してみてください^^

 

 

あと、食材って毎日口にするじゃないですか。

その食材が自分の体を作っているんですよね?

 

ということは、

「あなたが選んでいる食材の質=あなたの質」

という方程式が成り立つように思います。

 

「you are what you eat」という有名な諺もあるように♪

 

食べているものがあなたなのです^^

 

 

まとめ

長くなりすぎたので、

3回に分けて書きます。

 

次は

2、料理する道具を好きなものにすること

について書きます〜^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

rainn@友達追加

LINE@も始めたので、今すぐ登録を〜↓

友だち追加

-料理