春の葉物野菜の播種!1回目

おはようございます〜!

自然栽培農園「ののの農園」の農園主"かとうまさや”です♪

 

 

春の葉物野菜の播種!1回目

3/7、3/8に春の葉物野菜の播種1回目を行いました。

2ヶ月弱で収穫できるとベストだな〜って思っています^^

 

種まきしたのは、当然全て固定種・在来種です!

 

ざざっと羅列すると。↓

小松菜(ごせき晩生小松菜、新晩生小松菜、城南小松菜)、

山東菜、

ターサイ、

ルッコラ、

ちんげん菜、

ほうれん草(ノーベルほうれん草)、

春菊、

リーフセロリ、

水菜(早生京水菜、中生京水菜)、

かぶ(みやま小かぶ、金町小かぶ、ゆるぎかぶ)、

ラディッシュ(赤丸金門二十日大根)、

です。

 

この時期の葉物野菜は寒さに当たると花を咲かせてしまうので、

結構難しいです> <

 

花を咲かせないようにするために、

ビニールトンネル(うちはユーラックカンキを使用)をしたり、

品種選びも大事になってきます。

 

特にうちのように全て固定種・在来種で栽培していると、

より一層難易度が上がります。

 

なんで難しいのやってんだろう?

ってたまに思いますが、

難しいことやっている自分がかっこいいのかもしれません!笑

 

まあ、でも一番は品種改良されていない野菜の方が、

種どりできるし!!

おいしいから!!

っていうのがあるのかな〜って思っています^^

 

 

蒔いた品種を軽く解説

さて、それぞれちょっとだけ解説すると小松菜は晩生(おくて・ばんせい)と呼ばれる、

花が咲きにくいものをチョイス♪

城南小松菜は晩生なのかどうかわかりませんが、

味がいいので栽培にチャレンジです。

ちなみに城南小松菜っていうのは売っておらず、

農家から農家へと引き継がれてきた品種で、

うちも種どりして次へ繋げればと思っています^^

 

山東菜、ターサイは購入したものです。

山東菜は白菜の仲間で丸くならない(結球しない)タイプのもの。

 

ルッコラ(写真左)は研修先だった明石農園でいただいたもの。

ちんげん菜は購入したものです。

 

 

ほうれん草はノーベルほうれん草というのをチャレンジしています。

「ノーベルほうれん草、ノーベル平和賞♪」

って韻が踏めそうです^^

 

パッケージの見た目からして、

東洋系のほうれん草かと思いましたが、

種はトゲトゲしてなかったのでどっちでしょう?↓

袋には発芽率75%以上って書かれています。

が、畑に蒔いてみて、

あんまり発芽していないです> <

 

ほうれん草って難しんですよね〜。

 

 

春菊は、

昨年自家採種したもの↓

春菊も発芽率低いので、

多めに蒔いたのですが、

どうなるかな?

 

 

今年初チャレンジとしてセロリ作ります↓

種まきの直前に種の大きさ見て、

びっくり!

超ちっちゃい!

ごまより少し小さいくらいです。

種の袋には種子が小さいので、

ポットなどで育苗してから栽培しましょう的なことが書いてあって、

でももうめんどくさいからいいやって思って、

播種機で蒔いちゃいました^^

 

さてこれもどうなることやら?笑

 

水菜は2種。

同じ千筋京水菜なのですが、

中生と早生を!

この時期花を咲かせやすいので、

晩生がいいのですが、

早生は間違えましたね!笑

 

 

かぶは3種類。

みやま小かぶ、金町小かぶ、ゆるぎかぶ↓

ゆるぎかぶは昨年美味しかったので、

今回もチャレンジしているのですが、

発芽率が悪いです。

 

 

最後は、ラディッシュ(二十日大根)。

赤丸金門二十日大根という長い名前のやつをチョイス↓

ラディッシュって割れやすいのですが、

これは割れにくいという噂を聞いたので、

チャンレンジしてみます。

 

ラディッシュは発芽率が良いので、

かなり良い感じで芽が出ています^^

 

 

そんな品種たちを畑にダダダッと蒔いています。

 

 

その他の野菜

ついでなので書いておくと、

その他野菜として、

枝豆、

パクチー、

パセリ、

ねぎも蒔いています。

 

枝豆は、2品種。

早生大豊緑枝豆とおつな姫!

 

パセリは初挑戦^^

 

パクチーは自家採種したのと、

たねのわの種の交換会でもらったものを↓

 

 

ねぎは宏太郎ねぎという品種で、

深谷ねぎを代表する固定種らしいです↓

なんかこの種会社が、

会社を閉めることになったらしく、

もう絶滅してしまう種らしいので、

うちで繋いでいければと思います♪

 

 

畝作りは手作業で

野菜を作る畝は手作りです。

一気にマルチ(ビニール資材)までもを張ってくれる機械もありますが(これから購入)、

今はまだ手作業です。

 

と言っても機械で、

両サイドから土寄せして、

レイキでならして畝を作っています。

こんな感じ↓

 

そこにこの画期的な道具(機械)である、

播種機というのを使ってコロコロコロ〜♪

っと種を蒔いていきます↓

これは昨年の夏頃に買ったのですが、

超便利です!!!

 

これ買うまでは、

地道〜に「手」で蒔いてました。笑

 

種まきが終わったらそれで終わりではなく、

防虫ネット+ビニールトンネルで畝を覆います。

まずはダンポールっていう資材でアーチを作り、

そこに防虫ネットをかけ、

その上にビニールトンネル(2穴)をかけました。

 

出来上がりがこれ↓

あと、マイカー線で止めて、

裾にはちゃんと土寄せしてあります。

 

翌日雨予報だったので、

残業してやりましたよ〜。苦笑

 

 

ビニールトンネルのみか?防虫ネットのみか?それとも両方か? 

この被覆材ですが、

3つの選択肢があって悩みました。

 

一つ目は、ビニールトンネルのみ。

研修先はこれでした。

 

二つ目は、防虫ネットのみ。

これは寒さに当たって花が咲きやすくなるので、

最初っから、なしかな〜とは思っていました。

 

三つ目が、防虫ネットを下にしてその上にビニールトンネルをかぶせる。

一つ目のやり方をすんなりやれば良いのですが、

怖いのが虫が入ることでした。

 

研修先は4月に入ったらビニールトンネルから防虫ネットへ切り替えをしていましたが、

その手間を考えると、

先につけちゃった方が確実に「虫を」ガードできるし良いんじゃない?

っとズボラな発想が生まれ、

さらに近場の先輩有機農家さんもこのやり方をされていたので、

悩んだ挙句これを採用しました^^

 

うまくいくと良いな〜って思っています♪

 

 

 

3月もう一回同じ感じで種まきします!

で、3月中にもう一回同じ感じで種まきします。

4月に入ったら、

同じ品種を2回に分けて蒔く予定です。

4月は被覆材は防虫ネットのみで良いかな〜って思っています。

 

 

収穫と同時に野菜セット再開予定!

そして、

この種まきした野菜たちが収穫できるようになったら、

お待たせしました!

野菜セット再開です^^

 

4月下旬から、5月上旬には再開できればと考えています。

 

葉物野菜は12品種種まきしたので、

そのうち7品種だけでもできれば、

野菜セットが組めます。

(一番小さい野菜セットであるドチビセットは7品種程度なので)

 

 

でも今回種まきしたもの以外にも、

人参、スナップエンドウ、絹さやえんどう、そら豆、わけぎ、にら、

が4月下旬くらいから収穫できるようになっているかと思われますので、

なんとかかんとか野菜セット行けそうな気がしています^^

 

 

まとめ

個人的には、

ほうれん草が楽しみです♪

 

 

 

追伸

書き始めるまで時間がかかるのですが、

いざ書き始めると長くなってしまいました。

 

昔は1,000文字書くだけでもヒーヒー言っていたのに、

気がつけば3,000文字弱書いています^^

 

馴れるっていうのは大事ですね^^

 

 

rainn@友達追加

LINE@も始めたので、今すぐ登録を〜↓

友だち追加

関連コンテンツ広告 アドセンス



-たね蒔き, タネ, 農業
-,