振り子のように時代は流れ、これからは地方の時代です!

おはようございます〜♪

昨日白菜の塩漬けを作った、無肥料自然栽培農園「ののの農園」の園長”かとうまさや”です♪
(現在三芳町の明石農園にて研修中)

 

白菜漬って大好物なので、出来上がりが楽しみです♪

 

 

ニュースピックス知ってる?

さて、ニュースピックスというニュースサイト知っていますか?

様々なニュースが取り上げられ、そこに素人からプロまで誰もがコメントをかけるサイトなのですが、ぼくは好きで毎日見ています。

知らなかった人はぜひ見た方がいいですよ。

スマホのアプリもあるのでスマホの人はアプリをダウンロードすると便利です。

 

そのニュースピックスの中で参考になる記事を見つけました。

 

この記事はニュースピックスが独自に取材したもので、無料登録しないと全部見れないのですが、面倒な人のためにも全文引用させていただきます。

ぼくが大事だなと思った箇所は赤字にさせてもらっています。

長いですが、ぜひ読んでみてください。↓

 

【冨山和彦】「Gの時代」が終わり、「Lの時代」がやってきた

引用:ニュースピックス https://newspicks.com/news/1888670/body/?ref=index

 
この記事で印象深いのはグローバルリズムとナショナリズムとが振り子のように繰り返しながら時代が進んできているということです。
とある人に時代というのは振り子を振りながら進んでいくと聞いたことがあったので、まったく同じことを言っているなと思いました。
 
そして記事の中で「自由貿易協定が大きな力を持っている時代はある意味終わってきている。」と書いてあったのも印象的でした。
 
 
そしてこれからの時代は日本にとって追い風が吹いているとも書かれていました。
 
実は、グローバリゼーションについて、必ずしも積極的に取り組んでなかった日本に追い風が吹いている。今は日本にとってチャンスだと思う。
むしろインターネット革命はローカリゼーションを推し進める。

 

インターネットによって地方の魅力が伝わる時代になってきているのでこれからは地方が面白くなるでしょう。

 

 

まとめ

全てが全て賛成ではないですが、これからの時代の流れを掴む参考になるんじゃないでしょうか?

 

地方創生という言葉も出てきていますし、東京一極集中の時代が終わり、地方が面白い時代になるんじゃないかと思っています〜^^

楽しみだね〜♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です