有機農業推進セミナーへ行ってきたよ!その3(実需者からの事例発表)

こんにちは〜♪

無肥料自然栽培農園「ののの農園」の農園主”かとうまさや”です♪
(現在三芳町の明石農園にて研修中)

 

 

 

有機農業推進セミナー

今日は有機農業推進セミナーのレポート3回目です。

今回は三人目に講演された、㈱大地を守る会、常務取締役兼商品本部長の水谷康孝さんのお話をお伝えします。

 

その1はこちら↓
有機農業推進セミナーへ行ってきたよ!その1(有機農業の推進について)

その2はこちら↓
有機農業推進セミナーへ行ってきたよ!その2(欧州地域にかかる有機農業の紹介)

 

(3)実需者からの事例発表

講演の内容としては、「大地を守る会」が今まで同のように経緯で会社を運営してきたかという点を話されていました。

 

ところで「大地を守る会」って知っていますか?

有機農業とか無農薬とか、無添加とか安心安全とかというキーワードで食べ物を求めている人にとっては知っている会社だと思います。

日本で初めて有機農産物宅配サービスを初めて会社らしいです。

設立が1975年なのでぼくたちが生まれる前ですね。

 

1970年代に「公害」の社会問題化、「農薬公害」による農家の健康被害、有吉佐和子さんの「複合汚染」が話題となった社会背景から「大地を守る会」は生まれたようです。

そして「農薬の危険性を100万回さけぶよりも、1本の無農薬ダイコンを作り、運び、食べることから始めよう」を合言葉に、「大地を守る会」が誕生したという歴史があるみたいです。

 

この後も「大地を守る会」の取り組みが紹介されていました。

正直、講演を聞いた限りでは、有機農業推進するためのヒントはなかったです。

 

今後「大地を守る会」は「オイシックス」と資本提携をするということなので、どういった流れになるのか注目して見ていきたいと思います。

 

 

まとめ

「大地を守る会」の社長が来て話してくれればよかったのにな〜と思いました。

明日は、生産者からの事例発表で㈱野菜くらぶの社長、澤浦彰治さんの講演をご紹介します^^

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です