評論家になるのかそれともプレイヤーになるのか?

こんばんは〜♪

親戚一同集まってのフットサルでハッスルしてきた、無肥料自然栽培農園「ののの農園」の園長”かとうまさや”です♪
(現在三芳町の明石農園にて研修中)

 

高校時代サッカー部に入ればよかったな〜とちょっとだけ思います。
(→野球部でした)

 

 

 

評論家になるのかそれともプレイヤーになるのか?

さて、みんな何かしらやりたいことを持ちながら生きていると思います。

そこで一歩踏み出せるかどうかっていうのが、人生において大きなポイントになってくると思います。

 

そこで、言い訳をする人は多いです。

お金がない。

人脈がない。

勉強がまだ足りない。

経験がない。

 

などなど。

 

そして何もやらずに評論家になります。

ああすればいい、こうすればいい。

 

ぼくは絶対に評論家にはなりたくなくって、やるんだったらプレイヤーとしてやりたいとず〜っと思ってきました。

 

だから「ないないづくし」でしたが、動いた。

大学を卒業しフリーターとなって肩書きも経験も何もなかったけど、とにかく動いた。

 

お金がなければないなりに考えればいい。

人脈がなければ仲良くなりたい人のところへ飛び込んでいけばいい。

勉強が足りないなら足りないなりに、行動してそこで学んでいけばいい。

経験がないなら少しづつ経験を積めばいい。

 

動いた結果、失敗もしたし、迷惑をかけたし、恥もかいた。

でも行動した結果として今まで見えなかったものがたくさん見えるようになりました。

 

今思い返しても色々と動いておいてよかったな〜と思います。

 

 

ここで動けない人って、失敗することがダメだと思っている人だと思います。

失敗を恐れている人だと思います。

ぼくなんて失敗しまくりですよ。

日本で資産額第1位のファーストリテイリングの柳井正さんも『一勝九敗』っていう本を出しているくらい、失敗を重ねているんです。

 

結局は成功している人はそれだけチャレンジして失敗している人なんです。

何かしら行動に移している人なんですよ。

 

これはあなたにも伝えたいことでもあり、一番は自分に言い聞かせるつもりで書いています。

 

 

守りに入るなよオレ!

行動に移せよオレ!

変化を恐れずに失敗を恐れずに、前に進めよオレ!

っと。

 

この世に安定という変わらないものはないと思います。

常に世の中は変化しています。

自分が変わらなくても世の中はどんどん変わっていってしまいます。

どうせ変わるなら、周りが変わってから慌てて変化するんじゃなくて、自ら変化していったほうが対応できるでしょう。

 

あなたはどう思いますか?

そしてどうしますか?

 

 

 

まとめ

今年は変化の多い年になると思います^^

 

全てが楽しみです〜♪

あはは〜^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です