種芋(じゃがいも)が蜘蛛のお化けのようだ〜

こんにちは〜。

無肥料自然栽培農園「ののの農園」の農園主”かとうまさや”です♪

 

 

じゃがいも植え付け準備 (種芋を切る!)

さて、暖かくなって来たのでじゃがいも植え付けの時期になりました。

種芋はすでに買ってあったので、植え付け前の下準備として種芋を切りました。

 

何を買ったのかはこちらで↓

http://kakinokimata.jp/potato

 

 

今年は、キタアカリ、メークイン、出島、トヨシロの4種類を栽培します。

それぞれ5kgづつで合計20kg。

 

1月に買って2ヶ月弱ダンボールに入れて、保管していました。

そしたら芽がめっちゃ伸びててびっくり!

もやしみたいになってる〜笑

 

 

ヒゲみたいになってる〜笑

 

 

さて、このじゃがいもを切りますが、ただ単に着ればいいんじゃないんですよ。

まずは、1片が40gぐらいになるように切ります。

なぜそのグラム数なのかはわかりませんが、じゃがいもが成長するのに必要最低限の大きさなのでしょう。

そしてそれぞれに芽があるように切ります。

と書きましたが、全部が全部それを確認しないで切りました。

でも大丈夫でしょう。↓

 

 

 

切ったら、切り口に灰をつけます↓

これによって防腐効果があると思われます。
(詳しくはググってください)

 

 

それをそれぞれダンボールに戻して完成。

 

 

 

二人で20kgのじゃがいもを1時間で切れました。

 

 

 

芽が長くなりすぎていて、蜘蛛のお化けみたいですね〜笑

 

 

最初は長くなった芽は残しておいた方がいいと思い、そのまま作業していましたが、植え付けることも考えて邪魔なので取ってしまいました。

灰をつけずに、切り口を乾燥させて植える方法もあるようです。

ぼくたちは研修先の明石農園が灰をつけていたので、同じようにやりました。

 

植え付けは後日ですが、1週間以内の方がいいそうです。

あまり置きすぎると種芋の力がなくなるとか。

うちは今週中に植え付けます!!!

 

 

 

まとめ

今じゃがいもを植える場所を急ピッチで整備しています。

でも無理しすぎちゃうのも良くないので、マイペースでと自分に言い聞かせています〜^^

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です