旬が短い【自然栽培】生落花生(ピーナッツ)!おすすめの茹で方・レシピ

落花生

こんばんは〜♪

自然栽培農園「@ののの農園」の農園主”かとうまさや”です♪

※現在端境期で野菜が少ないため新規の野菜セットの募集はしておりません。
再開は10月ごろを予定しています。

自然栽培の「生落花生」出荷中!

今が旬の生落花生!

ただいま絶賛出荷中です。(定期便の方に)

落花生って野菜が少ないこの時期にと〜っても助かる野菜のひとつです^^

それではレシピをご紹介します〜

自然栽培「生落花生」のおすすめ茹で方レシピ

これです↓

生落花生の茹で方レシピ

1、落花生を洗う

2、大きめの鍋に水と塩(茹でる水の3〜4%)を入れ、沸騰させる

3、沸騰したら落花生を入れる

4、蓋を閉めて40分中火で茹でる

5、40分たったら火を止め10分蒸らせば出来上がり♪
ざるにあげて冷ましてからお召し上がりください。

食べていて硬いようでしたら、茹で時間を10分ほど延長してください。

保存する場合は必ず冷蔵庫でお願いします。

また、冷凍保存も可能です。

茹で上がるとこんな感じ↓

ぼくはお酒を全く飲まないのですが、

お酒好きな方にとっては最高のおつまみになるんじゃないかと思います♪

ぼくは食後のおやつとして食べていますが、

落花生の甘みを感じられ、

また煎り落花生にはない柔らかな食感も美味しいです!

枝豆みたいに莢から取り出す工程も美味しく感じられるほどです。

一度食べ始めたら最後まで食べちゃうくらいの勢いで食べれるのが不思議な感じです^^

自然栽培の茹で落花生の食べる時の注意点

落花生が水分を含み、

また中に水が入っていたりするので、

殻を割る時に水が外に飛び出ることがあります。

手も濡れます。

なので、おしぼりやティッシュをお手ものとに置いてからお召し上がりください^^

自然栽培「落花生」の品種は?

気にする方はあまりいないと思いますが、

うちが栽培している品種は「千葉半立」という品種です。

千葉県で栽培されている代表的な品種らしいです。

研修先から種をいただき自家採種1年しました。

でも栽培が難しく収穫量も少ないので高価になりやすいとか。

他の品種を栽培したことがないのですが、

落花生を2年栽培してみて難しいとは全く感じませんけどね^^

種まいて放っておけばできちゃうな〜という感覚です♪

また、落花生ってそのほかにもたくさん品種があって、

煎り落花生専用、

茹で落花生専用、

とそれぞれ用途も分けられています。

うちで栽培している千葉半立は煎り落花生専用らしいですが、

茹で落花生としても食べれますので、

お出ししています。

あと、ジャワ13号とういうのを千葉の林さんにいただき栽培しています。

こちらは煎り落花生専用らしいので、

焙煎してからお出ししようと思っています^^

まとめ

生落花生って千葉県の方にとっては普通に食べるものらしいですが、

埼玉県民のぼくにとっては馴染みがない食べ方でした。

落花生といえば煎ってあるピーナッツ!!!

っというのが普通でした。

煎り落花生よりも茹で落花生の方が好き!

っという方もいるそうです。

ぼくはどっちも好きですが、

どちらかというと煎り落花生の方が好きです♪

なのでこの後収穫、乾燥させてから煎り落花生にするのがとっても楽しみです♪

年末には間に合うようにしたいな〜って思っているので、

煎り落花生楽しみにお待ちください^^

生落花生は定期便の方のみお送りしていますが、

もし単品で買いたいという方は、

9月23日、30日のイベントにお越しください。

これ↓

9月の出店情報!熊谷圏オーガニックフェス2018と清流青空マーケットへ出ます!

たくさん持って行きますよ〜

おまけ〜↓

おまけ

・関連記事

じゃがいものレシピも載せていますのでよかったら見てください↓

簡単!自然栽培じゃがいもの大量消費レシピ♪もっちもちチーズポテトがオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です