まだF1種使っているの?タネ採りには男のロマンがあるのにモッタイナイ〜!

こんばんは〜♪

日本政策金融公庫にお金を借りようと思っている、無肥料自然栽培農園「ののの農園」の園長”かとうまさや”です♪
(現在三芳町の明石農園にて研修中)

 

問い合わせたら今年度の融資枠がいっぱいになるようなので来年度枠になりそうと言われました。

もっと早く問い合わせておけばよかったです。

これから農業を始める方は注意してください。

 

たねのわのタネの交換会

さて、11/27に日高市の森の果樹園という場所で、固定種・在来種のタネの交換会がありました!

これを主催しているのが「たねのわ」という有志による非営利の活動団体。

ぼくのお世話になっている方が何人か運営委員として活動されています。

たねのわ

 

そのタネの交換に行ってきました。

 

実際に交換するタネがなくても好みのタネをいただけるので、これから農業を始める身としてはとってもありがたいんです。

夕方からバイトで時間がなかったので、足早に会場を後にしたのですが、以下のタネをいただいてきました。↓
タネの交換会でいただいたタネ

右から、日高市のふうわりファームの松下さんから、「北海道かぼちゃ」、

もう一つあるかぼちゃのタネは三木さんという方からいただいた、「会津金山かぼちゃ」、

その下がたねの森の紙さんのおばあちゃんが昔から採り続けている品種名もわからない「小豆」、

真ん中が横浜の西原さんという方の「埼玉青大丸なす」、

その左が同じく横浜の西原さんの「王湖(おうこ)インゲン」、

一番左も同じく横浜の西原さんの「糠塚きゅうり」、

と6種類ほどいただいてきました!

 

 

 

・「北海道かぼちゃ」はたねの森で販売しているものからタネどりしたそうです。

 

・「会津金山かぼちゃ」は横浜の西原さんがタネどりしたのを、三木さんがもらって育てて取れたタネを持ってきてくれたもの。

かぼちゃって近くで育てると交雑するそうなので、この2種類をうまく畑を話して育てないといけないなと考え中。

 

・「紙さんの小豆」は紙さんのおばあちゃんがタネを取り続けてきたもの。今年は収穫量が少なかったそうですが、それでもタネを提供してくれました。増やして返せるようにしたいと思います。

 

・「埼玉青大丸なす」は埼玉県人としてやらなきゃだめだろうと思っていた品種で、今回あったのでいただいてきました。田楽にすると最高に美味しいようです!

 

・「王湖(おうこ)インゲン」は飯能の野口種苗で買ったものを自家採種しているもの。遅まきでもいいらしく、西原さんがオススメしていたのでいただいていきました。

 

・「糠塚きゅうり」も西原さんがオススメしていたのでいただきました。加賀太きゅうりという太めのきゅうりに似ているそうで、でも加賀太きゅうりより小さめらしく味もいいとのことで、いただきました。

 

 

タネの交換会に出されるタネは事務局がリストにしてくれているので、わかりやすいです。たねのわ タネリスト

 

またタネそれぞれにも説明を書いてくださっている方、特に西原さんのはわかりやすくとってもありがたかったです!

 

 

 

まだF1種使っているの?タネ採りには男のロマンがあるのにモッタイナイ〜!

このタネの交換会に参加して思ったのは、昔から取り続けられているタネを繋いでいくことってすっごくロマンがあるな〜ということです。

99%くらいの農家はF1種という一代限りしか育てられないタネを使っているんですよ。

でも残りの1%くらいの人たちは、野菜を育ててそこから気に入った株や実から自分好みのタネを採ってまた来年タネを蒔いて野菜を育てるというものすごっく面白いことができるんですよ!

 

すっごくロマンがあることじゃないですか!

自家採種しないなんてモッタイナイ。

こんなにも楽しくロマンがあって、自分好みの野菜を育てられるのに〜。

 

日本の農家はそれよりも効率や畑の回転、箱に入る企画にそう野菜を作るなど商売的な目線で野菜を育てているんでしょう。

あーモッタイナイ。

 

でもいいんです。

こんなにもワクワクすることをやらないのならそれはそれで。

 

ぼくたちだけでこの楽しみを独占しちゃいますから〜♪

 

 

 

まとめ

ぼくたち「ののの農園」はもちろん固定種・在来種で野菜を育て、昔からながーく続いている美味しいと言われている野菜を作り、そのタネを繋いでいき、そしてそのタネを広めていければと思います^^

 

 

 

 

追伸

日高くるくるねっとが販売しているなたね油を買ってきました。

これ非加熱で搾油している貴重ななたね油です。

もちろん菜種は無農薬・無化学肥料で育てたもの。

美味しいよ〜♪日高くるくるねっと なたね油

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です