日高くるくるねっとの新米の会へ参加してきました♪

こんばんは〜♪

たい焼きって夏でも案外売れるっていうのを知った、無肥料自然栽培農園「ののの農園」の園長”かとうまさや”です♪
(現在三芳町の明石農園にて研修中)

 

お祭りなどのイベントで子供達に人気があるそうです。

へぇ〜♪

 

 

日高くるくるねっと

さて、日曜日は日高くるくるねっとの活動に参加しました。

午前中は大豆の選別作業。

お昼に日高くるくるねっとで育てた新米を食べる会がありました。

 

 

大豆の選別

まずは、大豆の選別。

鞘に入っている大豆を一つ一つ取り出します。

結構手間がかかる作業で、人手がないとなかなか進まない作業です。

機械が便利ではあるのですが、全て機械に頼っていいのかという疑問もあり、もどかしい感じです。

 

一個一個鞘を割って取り出すのが早いのか?

それとも全体を棒で叩いて中の豆を取り出すのが早いのか?

 

結論は出ませんでしたが、時間がかかる作業です。

これを昔の人が手作業でやっていたと思うと、すごいな〜というしかありません。

 

世の中の食べ物に対して高いという人にぜひともこの作業をやってほしいものです!

 

実はこの大豆昨年の10分の1くらいしか取れなかったそうです。

なぜか?

そう奴らにやられたんです。

山の中からやってきた奴らに。

 

大豆収穫目前にやられたそうです。

お釣りとして糞も残していったとか。

 

その正体は、宇宙人ではなくイノシシです。

日高市も秩父、飯能から続く山があるので、イノシシが生息しているようです。

そのイノシシが山から降りてきて大豆をたべちゃったみたいなんです。

非常に残念なのですがそういうわけで今年は収穫量が少なくなっています。

 

ぼくの借りる予定の畑も心配ですが、川を隔てているので、さすがにイノシシは来ないと思います。

 

新米の会

お昼には新米の会でイセヒカリという品種のお米を食べました。

青空のもとワイワイとご飯を食べれて楽しい時間となりました。

(写真は忘れました)

 

楽しい時間をありがとうございました♪

 

 

 

まとめ

日高くるくるねっとはこのように自分たちで作物を栽培しそれを販売したり、自分たちで食べたりという活動を日高市でやっているので、興味ある方はぜひご参加ください。

お問い合わせはこちらまで→(kurukuru_hidaka@yahoo.co.jp)

 

 

 

追伸

実は急遽鶏を潰してこの日に食べる予定があったのですが、今回はなくなりました。

ですが今後もあり得るので、日高くるくるねっとの動向をチェックしててください^^

 

 

rainn@友達追加

LINE@も始めたので、今すぐ登録を〜↓

友だち追加

関連コンテンツ広告 アドセンス



-イベント, 埼玉県, 日高くるくるねっと, 日高市, 未分類, 無農薬野菜, 農業, 野菜
-, , , ,