無農薬で固定種の甘〜いとうもろこしが食べたい♪

こんばんは〜♪

自然栽培農園「ののの農園」の農園主”かとうまさや”です♪

 

 

無農薬で固定種の甘〜いとうもろこしが食べたい♪

これってかなり希少だから難しいと思います↑

 

さて、結論から言っちゃいましたが、固定種でかつ無農薬・無肥料(自然栽培)のとうもろこしってかなり希少です。

 

 

今や一般的に出回っている甘〜いとうもろこしは、ほぼ100%がF1種と言われる交配された野菜です。

スイートコーンと呼ばれたりしていますね。

で、そのF1種は自家採種ができない改良された野菜です。

タネを繋いでいけない野菜に怖さも感じるし、自家採種する面白みもないので、ののの農園は一切F1種を使っていません。

 

固定種の甘〜いとうもろこしが食べたいというお客様からの要望はあります。

いやむしろ一番食べたいのは、ぼくたちかもしれません!笑

 

今年は、イエローポップコーンと黄もちとうもろこし(←昔ながらのモチっとしたとうもろこし)を栽培しています。

とうもろこしは交雑しやすいので、2つの畑でそれぞれとうもろこしを栽培しています。

だから、他の品種はもう栽培できないだろうって諦めていました。

 

でもよくよく考えたら雄花の開花の時期をずらすように栽培すればいいんだ!ってことに気づき、固定種の元祖スイートコーンを栽培することにしました^^

 

固定種の元祖スイートコーン「ゴールデンバンタム」!

固定種の元祖スイートコーンで名前はゴールデンバンタム!

どこで売っているかというと、地元埼玉県日高市にある「たねの森」さんで売っています↓

たまたま古いタネをもらっていて、手元にありました^^

 

でも蒔くスペースがないな〜って思っていたのですが、枝豆の跡地があったんです↓

ここならマルチも敷いてあるから栽培が楽にできます。

枝豆に使っていたマルチは3330マルチというもの。

3条で30cm間隔で穴が空いています。

とうもろこしは30cm間隔で栽培しているので、ちょうどぴったし!

 

でも枝豆のあった穴にタネを蒔くと、まだ根っこが残っているので、じゃまになるかと思い、穴と穴の間に新たに穴を開けて、そこにタネ蒔きしました♪

量は、150箇所くらい2粒づつタネ蒔きしました。

この後ネットを掛けて取りに食べられない用に対策しました↓

 

希少なとうもろこしが食べれますように〜^^

 

 

 

まとめ

収穫できるようになったら定期的に野菜セットを取っている方に優先してお送りしようと思っています^^

期待しないで待っててください♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です