イモムシを投げ殺してしまって激しく後悔した件!

こんばんは〜♪

最近腹筋が割れてきた、無肥料自然栽培農園「ののの農園」の農園主”かとうまさや”です♪

なぜでしょう?

農作業のおかげでしょうか???

今度公開します^^

 

 

イモムシを投げ殺してしまって激しく後悔した件!

さて、先日枝豆の様子を見ていたところ、イモムシが葉っぱを食害している現場に遭遇したんです!!!

見た瞬間「うちの枝豆を食べるなーーー!!!」と心の中で叫び、

無意識のうちにすぐさま捕獲し、

学生時代に野球部で鍛えられた右腕を使って地面に思いっきり叩きつけてしまいました!!!

 

 

そしてふと我に返り、「オレはなんてことをしたんだろう、、、。」と激しく後悔。

虫たちや細菌類を殺す「農薬」や、微生物や細菌類が減る「化学肥料」を使うことへの抵抗を感じ、今の農業(無農薬・無肥料栽培)を始めたのに、

 

 

それなのに、少しだけ枝豆の葉っぱが食われただけで、その虫を目の敵にして叩き殺してしまったー、

殺してしまったー、

殺してしまったー、

殺してしまったー、、、。

 

 

 

殺さなくっても枝豆の葉っぱから外してあげるだけでもよかったんじゃないだろうか?

 

たとえ葉っぱを食われたって「いい」じゃないの。

枝豆の実が食われているわけじゃないし。(まだ実ができていないけど)

 

「虫がー!」「虫がー!」って目の敵になったって虫はたくさんいるし、農薬を使っても完全にゼロにすることはできないんだし。

 

うまく付き合っていく方が「楽(らく)」じゃん♪

自然の生き物と共に生きるのが、一番「無理無駄」がなくって快適じゃん♪

 

虫が付くのはそれなりの原因がちゃんとあるはずだから。

それを調べて、土作りからタネ蒔きの時期、温度管理などなど勉強していけばいいじゃん♪

 

っと思ったとある日のできごとでしたー^^

 

 

 

まとめ

うちは放任主義ではないので野菜・雑草などの管理はしっかりします。(この前隣の家のおばあちゃんに綺麗で見ていて気持ちのいい畑だと評されました^^)

そのなかで、防虫対策もネットを張ったりしてしっかりとしますが、ある程度の虫はしょうがないと割り切ってやっています〜♪

 

 

 

でも、もしこれから枝豆の実に大量のカメムシが付いたら、、、どうしよう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です