振り子の法則

おはようございます。
 
かとうまさや(ましゃ)です。
 

振り子の法則

わたしは人生は振り子を振っただけちょうど良い生き方ができるんじゃないかと思っています。
 
 
その振り子って片一方に触れたらその分逆の方向にも振れますよね。
そして徐々に徐々に落ち着いてきて、真ん中に落ち着く。
 
振り子の振り幅が大きいほど逆の方にも振れて、違った世界を見れる。
なので振り子を振れるだけ振って両極端を体験して、徐々に落ち着いて、真ん中のちょうど良い場所に落ち着けばいいんじゃないかなと。
 
この真ん中が東洋哲学でいう中庸ってやつになるんじゃないかと勝手に解釈してます。(間違ってたらすみません)

ブランコ

わたしの例

わたしの例でお話しすると、
わたしが玄米菜食をはじめたのは2009年の夏頃からでした。
 
まずは無農薬の玄米を食べ始めて、徐々に調味料や野菜を天然醸造・無添加のもの、無農薬・無化学肥料のものへと切り替えていきました。
 
その過程で、極端になりすぎてしまう時期がありました。
 
「無農薬・無化学肥料の野菜じゃないと絶対に食べない!」とか。
「あそこのお米はいいけど、これはダメ!」とか。
「〇〇じゃないとダメ!」ってなってしまい、精神的に疲れてしまいました。
 
そうこうするうちに、これじゃ何のために玄米菜食をしているのか?と目的が違ってきてしまったので、緩める方向へ。
 
そうすると今度は緩くなりすぎて、「まあいっかー」っていう風になって肉食べたり、添加物が入ったお菓子を食べたりという風になってしまいました。
 
そうすると「今度は戻さなきゃまずい!」ってなって玄米菜食に戻して〜とこういったように、あっちへいったりこっちへいったりと、ふりこの様に振れていって。
それで今では自分の中のちょうどいい場所がわかってきたので、ちょうど良い感じです。
 
でもこれはひとそれぞれちょうど良い場所は違うので、一度思い切って振れてみて、両極端を体験してみて、やっと自分の心地いい場所がわかるのかなって思います。
ブランコ2

あとは続けること

あとは、何事にも当てはまると思うのですが、続けることが本当に本当に大事です。
 
わたしも続けたから自分のちょうどいい場所がわかったので、今ではストレスなく食事をしてます。
 
食べなさすぎることはないと思いますが、食べ過ぎた時は1食2食、または1日食事を抜くとかで微調整すればいいでしょう。
 
断食合宿に定期的に参加するのもオススメですよ。
 
 
ちょうど良いって状態にすれば体も心も安定して生活できます。
 
あなたもぶらぶらしてみては?
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です