無印のスタッキングシェルフ(3段)をDIYしてみた〜♪ 合計費用は5,223円でした!!

2018/09/02

こんばんは〜♪

無肥料自然栽培農園「ののの農園」の農園主"かとうまさや”です♪

 

 

無印のスタッキングシェルフ

無印のスタッキングシェルフって知っていますか〜?

これです↓

無印より:http://www.muji.net/store/cmdty/section/S02709?sc_cid=pc_yahoowallet-2

 

このスタッキングシェルフって、棚の中に入れるものの応用ができるので、部屋をアレンジしやすいんですよね。

でも買うと高いし、

みんなと同じになるし、

ってことで同じの作っちゃおうということで、 DIYしました〜^^

 

 

まあ、自分で作れば安く済むっていうのもあるのですが、

やっぱり自分の手を使ってオリジナルの家具を作るのっていうのが単純に楽しいので、

今回作りました。

 

※楽しすぎて合計4個作っています^^(2018年8月現在)

 

 

無印のスタッキングシェルフをDIYする〜♪

無印の規格に合わせておけば、無印で販売してる箱がすっぽり当てはまるので、無印規格に合わせて作りました。

まず、置く場所を決めます。

冷蔵庫の横に空きスペースがあったので、そこに3段の棚を作ることにしました。

 

寸法は以下の通り。

外寸:幅42×奥行28.5×高さ121cm

内寸:幅37.5x奥行28.5x高さ37.5cm

棚厚:2.1cm

天板厚:2.1cm

 

 

木材を調達へホームセンターへ

寸法がわかったらホームセンターへ木材を調達に行きました。

合板でもいいかな〜と思っていましたが、いずみさんが木目や節がある一枚板がいいというので、探してたら、「1×12材」というのがありました。

しかも奥行きの28.5cmとほぼ一緒の28.6cm。

 

無印のは棚厚と天板厚が2.1cmでこれは1.9cmで少し細いですが、まあそれくらいはOKということで、これを買ってカットしてもらってきました。

 

木材の必要量は、両サイドの121cm×2枚と棚の37.5cm×4枚必要なので、合計392cm必要です。

「1×12材」の12Fは365cmなのでこれ一本じゃ足りないので、短い3Fもひとつ買いまいた。

木材価格は、3,880円+980円で4,860円。

それにカット代金50円×5=250円。

4,860円+250円=5,110円也。

木材代としては5,110円でした。

 

あとはビスは棚厚が1.9cmだったので2倍くらいでいいかなということで、4.1cm(113円)のを買いました。

でも作ってみた思ったのが申しこし長めのビスがよかったな〜と思います。

 

 

カットしてもらった木材がこちら。↓

 

あとは、これをマキタのインパクトドライバーでとめていくだけです。

ビスは直接打ち込んでもいいですが、曲がったりすることもあり得るし、端っこは板が割れちゃう可能性もあったので、一度ドリルで下穴を開けてから打ち込みました。

 

下穴を開けるインパクトビットは3mmで。

 

まずは端っこの2つを止めて、そのあと真ん中の2本を止めます。

中の四角は正方形になるので、一つの木材を当てがってやれば、どこに止めればいいのかわかります。↓

 

 

鉛筆で印をつけて、おけばOK♪

 

 

片側が完成♪

 

 

反対側も端っこの上下を止めたら、真ん中の二つは鉛筆で線を引いて、その上をインパクトで止めます。

 

 

そして完成♪

15分くらいでできました!

冷蔵庫の横にもすっぽりとハマりました。

冷蔵庫とも高さが一緒なので、まとまりが良くなっています^^

 

 

 

材料の合計費用は5,223円でした!

材料費としてかかった合計金額は、木材代の5,110円とビス代の113円で、5,223円でした〜。

 

実際の木材の寸法

外寸:幅42×奥行28.6×高さ121cm

内寸:幅37.5x奥行28.6x高さ37.5cm

棚厚:1.9cm

天板厚:1.9cm

 

 

 

まとめ

自分で家具を作るのすごく楽しかったですよ〜^^

これからも家にあった家具を色々と作って行きます♪

 

 

関連記事
 
 
 

rainn@友達追加

LINE@も始めたので、今すぐ登録を〜↓

友だち追加

関連コンテンツ広告 アドセンス



-DIY, ののの農園
-, , , , , ,