デトックス&好転反応という言葉の罠に騙されるな!

おはようございます。

無肥料自然栽培農園、ののの農園のかとうまさや(ましゃ)です!

(現在研修中)

 

 

デトックスや好転反応っていう言葉を聞いたことありますよね。

この言葉って非常に便利で危うさを持っている言葉だと思うんですよね。

 

ぼくもアトピー治療で何度も聞かされました。

宇都宮で民間療法を受けていたときも、こう言われ続けていました。

『まずは体の中に溜まったステロイドをデトックスしなさい』

『デトックスするためにたくさん汗をかかなければダメよ』

『なので毎日運動して汗をかきなさい』

『今は好転反応で一時的に症状が悪化しているけど、必ず良くなるわ』

という言葉を信じ、汗をたくさんかくために夏でも厚着をして走りに行ったりしていました。

アトピーの症状は以前より悪化していたのですが、好転反応という言葉も信じてすぐに治ると思うようにしていました。

しかし、それでも4年間全く効果がなくアトピーは悪化してしまったのでこの民間療法とはお別れしました。

 

 

デトックス&好転反応の罠

デトックスと好転反応っていう言葉は病気を治療する人や健康食品を売る人などにとって非常に都合のいい言葉です。

『あなたの症状が良くならないのはデトックスが足りないから』

 

『今は好転反応だから我慢して頑張って』

と言って「患者=お客」をつなぎとめておけます。

そうすれば儲かるし、悪化したとしても逃げることができます。

患者もデトックスだから好転反応だからと相手の治療法や製品が悪いことを否定ができずに、自分のせいだと勘違いしてしまいます。

 

アトピーの場合ですが、デトックスや好転反応があったとしてもせいぜい数ヶ月でしょう!

 

 

デトックスとは?

ここでデトックスという言葉の意味を整理してみましょう。

 

デトックス(detox)とは、体内に溜まった毒物を排出させることである。この呼び名は “detoxification”、解毒の短縮形である。つまり、(体内から毒素や老廃物を)取り除くことである。

アルコール依存症や薬物依存症の際に身体から薬物を減少させる治療を解毒(detoxification)と呼び、デトックスと言う場合もある。この場合、離脱症状の管理も必要とされる。

「現代社会を暮らしていく上で、体内に人体に悪影響を及ぼす化学物質(主に重金属や合成化合物、薬物のうち、特に有害なもの)が蓄積され、また自身の体内からも活性酸素などが生成されている」とされている。デトックスとは主に下記の方法で、こういった体内の有毒な物質を排出することを指す。これら有害な物質の多くが脂肪に蓄積されることから、ダイエットと関連付けられることもある。

一方で、英国の国民保健サービス(NHS)は「デトックスという言葉には何の科学的根拠もなく、そのような製品を購入する必要はない」と断言している。 また、英国の博士号取得者や大学院生300人以上でつくるVoice of Young Scienceが行った調査によると、中毒症状などに対する医療行為以外のデトックス製品の効果は、ほとんど「無意味」なものだったと主張している。

参考:ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

 

 

デトックスは非科学だという人もいるようで、実際にはどっちなのかわかりません。

ぼく個人的には少しはあると思いますが、全部そうだと信じる必要はないと思います。

 

 

好転反応とは?

続いて好転反応について。

 

好転反応(こうてんはんのう)とは、もともとは東洋医学(按摩や鍼)で使われる用語で、治療の過程で一時的に起こる身体反応のこと(反応の程度はさまざまである)。

一時的にという言葉に注目です。

何ヶ月も何年も好転反応というのはありえませんので、注意しましょう。

 

 

また、以下のような指摘も。

健康食品などのセールストークなどに流用された「好転反応」

また近年では、上記の伝統医学のまっとうな用語が、いわゆる健康食品や健康器具や化粧品のセールスの場にて不適切に流用され、副作用や不適応をごまかすためのセールストークとして用いられることがある。

身体の反応が実際には好転反応でなくて副作用や有害反応の場合だと、治療の時期を徒に遅らせてしまう場合があり、問題視されることもある。この場合は偽医療にあたる。

  1. この反応は体の中の毒素が一気に排出されるから発生するもので、一時的なものです。
  2. この反応が出たということは、治療効果がある事の証明です。ここでやめてしまっては、苦労の甲斐がありません。

平成26年12月10日消費者庁より消費者安全法第38条第1項の規定に基づき、健康被害発生後も継続利用を勧められる美容健康商品等について、利用を一旦中止するようにと注意喚起が行われた。

悪質なセールストークから身を守るには、利害のない経験者から体験談をよく聞くことだが、現実にはなかなか困難である。ひとつの方法として、一度に高額な商品の購入をすすめるような業者から購入するようなことは避けるほうがよい、とする書籍もある。

 

薬機法との関連

「いわゆる健康食品」(医薬品ではないもの)について好転反応に関する説明を行うことは薬事法違反となる。「一時的に悪くなるが、その後良くなる」という表現は効能や効果を謳うことに該当する。適切な医療を受ける機会を失わせる可能性がある。

参考:ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%BD%E8%BB%A2%E5%8F%8D%E5%BF%9C

 

ぼくも好転反応という言葉をセールストークとして用いられてきました。

ですが、それはあなたの治療のためではなく、セールスのためだということを忘れずに!

 

 

 

まとめ

実際にぼくが、【デトックス】と【好転反応】という言葉のマジックに引っかかり辛い苦しい時期を過ごした経験があるので、このブログの読者さんにはそういった同じ思いをして欲しくないんです。

アトピーをはじめ、何かしらの病気を治療するにあたっては十分に気を付けてください。

 

オススメです

ぼくのブログをスマホで見てくださる方が多いみたいなので、プッシュ通知ができるようにしました。

まずは以下のボタンをクリックしてPush7のアプリをダウンロードしてください。

そのあとに登録していただければ更新時にスマホに通知がいきます。(PCでも登録できます)

登録は無料です。

 

5月の人気記事ランキングを出しました!

2016年5月の人気記事ランキングトップ10

日高くるくるねっとの最新の活動報告です!

目指せそば打ち名人!くるくるそば道場へ参加してきました!(2016年4月)

日高くるくるねっとでは仲間を募集しています!

日高くるくるねっとに参加しませんか?     

かとうまさや商店24時間受付中です。

かとうまさや商店へ

日本初!無肥料自然栽培小麦農林61号を使ったうどん屋さんが誕生しました!

創業35年のうどん屋さんに手打ちうどんを習いに行ったら意外な展開になっちゃいました!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です