これは必読!キングコング西野さん→「好きなことでしか食っていけなくなる時代が来る!」

こんばんは〜♪

無肥料自然栽培農園「ののの農園」の園長”かとうまさや”です♪
(現在三芳町の明石農園にて研修中)

 

 

最近キングコングの西野亮廣さんに注目しています。

だって彼の考え方にとっても共感できるんですもん!

この記事は昨年末にUPしようと思ったのに忘れていたやつです( ̄Д ̄;;

まあ、続きを読んで見てください♪

 

 

西野亮廣が考える、これからの働き方

小学館が運営する「しごとなでしこ」というウェブサイトがあります。

そのサイトにキングコングの西野亮廣さんのインタビューがありました。

そのインタビューで西野さんが言っていることにすっごく同意して、ウンウンと頷きながら読み進めたほどです。

この記事はぜひ多くの方に読んでいただきたいので、シェアさせていただきます。

 

【しごとなでしこ】

「西野亮廣が考える、これからの働き方」 前編

「西野亮廣が考える、これからの働き方」 後編

 

共感した部分をまとめます

好きなことでしか食っていけなくなる時代

これからの時代ストレスがかかる仕事はロボットに代替されていく。

だから人間に残されたのは「好きなことを仕事化していく」こと。

今までは「好きなことでは食っていけない時代」だったが、これからは「好きなことでしか食っていけない時代」になると。

 

▽▽▽▽▽▽

まさに同感です。

ぼくの感覚として好きなことでしか仕事にならない時代になるんじゃないかと思っていました。

でもうまく言葉にできなく、なんとなくの感覚で感じていたことです。

でも西野さんがわかりやすく表現されていると思います。

 

目を向けなきゃいけないのは、自分のことを嫌う人の数ではなく、自分のことを好いてくれる人の数

自分のことを好いてくれる人がいる一方で、嫌う人も比率的に一定数いる。

好いてくれる人が増えれば嫌う人も増える。

嫌う人が増えるからと言って声のボリュームを下げると自分を支持してくれる人も減る。

だから目を向けなきゃいけないのは、自分を嫌う人の数ではなく、自分のことを好いてくれる人の数だ。

その比率こそが自分の個性だから。

 

▽▽▽▽▽▽

このブログも徐々にアクセス数を伸ばしているので、支持してくれる人が増える一方で嫌う人も増えていくでしょう。

ぼくはネガティブなことがあるとすごく落ち込みやすい体質ですので、嫌う人が出て来たらかなり落ち込むと思います。

でもそれを恐れていたらやりたいことが実現できないので、嫌われる勇気を持って発信し続けます^^

 

上に抗う武器をもっていないと、自分の人生を他人軸で進められて終わり

▽▽▽▽▽▽

自分の人生を他人軸で進められて終わり。

これですこれ。

全くその通りだと思います。

ぼくがテレビを見ないのも、テレビの洗脳によって他人軸で自分の人生を進められないようにするためです。

自分の人生は自分軸で進めたいから。

だからサラリーマンをやっていないし、自分で農家というビジネスをやろうとしているんです。

農家って最強だと思っていて、だって食べ物が生産できるから最悪食べて生き抜くことはできます。

体が健康で食べていけて生きていくことができれば、なんでもできます。

これはアトピーで苦しんだ経験からも言えることです!

 

 

 

まとめ

時代は常に変わり働き方も変わって行きます。

時代時代に合わせていかないと苦しくなるのは自分だと思います。

でもこれが正解だというのはないので、それぞれが楽しいと思う生き方をすればいいんじゃないでしょうか〜^^

 

 

【しごとなでしこ】

「西野亮廣が考える、これからの働き方」 前編

「西野亮廣が考える、これからの働き方」 後編

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です