ののの農園

"自然栽培"家庭菜園から、ナチュラルでオーガニックなライフスタイルを実践するWebマガジン

人生観 仕事論 未分類

勘違いが人生を楽しくするはず!

投稿日:

こんにちは。

無肥料自然栽培農園、ののの農園の園長”かとうまさや”です!

(現在三芳町の明石農園にて研修中)

 

 

おもしろい記事を見つけました。

これです。

 

 

小説は「恥知らず」でなければ書けない?

最近、「クリエイターとは何だろう?」ということを再び考えている。「クリエイター」とは、何かを作れる人のことだ。

では、どうしたら何かを作れるのか? たとえば、小説はどうしたら書けるか?

そこで思うのは、小説を書くにはある種の「勘違い」が必要だということ。だから、クリエイターには「勘違いした人」が多い。というか、そういう人しかクリエイターにはなれない。

では、クリエイターになるために必要な勘違いとは何か? 今回は、そのことについて書いてみたい。

クリエイターに必要な「勘違い」とは、「私はこの世界を理解した」という思い込みのことである。たとえば、「ニートが異世界に転生した小説」を書こうとし た場合、作家には「私はニートを完璧に理解している」あるいは「私ほど異世界に詳しい人間はいない」といった勘違いが必要だ。これがないと書けない。

しかし、イチローが面白いのはそうした勘違いしているときにこそヒットを量産しているということだ。そして、それが勘違いだと気づいてフォームを修正しているときには、短いながらも不調に陥る。イチローの野球人生は、そういうふうに何度か軌道修正を余儀なくされてきた。

このように、「理解」あるいは「分かる」というのは、ある種の勘違いであると、たとえイチローほどではなくとも、何かの道にちょっとでも習熟した人なら分かる。それはつかの間の夢のようなものだ。

ただイチローは、その後も再びバッティングのことが分かった気になっている。それを何度もくり返している。

なぜかといえば、彼はそれがつかの間の夢だとは分かりつつも、同時にそれを信じることができているからだ。分かったつもりが幻であると知った上で、なお分かったつもりになれているのである。

理解したと素直に思い込めるほどの厚顔さが必須

その意味で、イチローは非常に厚かましい人間である。恥知らずといっていい。そういう厚かましい人間だからこそ、ヒットを年間263本も打ったり、日米通算で4000本も打ったりすることができるのである。

つまり、クリエイターとして継続的に活動している人というのは、何かのことが分かった気になるのはある種の勘違いであると知りながら、その上でそういう気になっている。そこまで恥知らずなのだ。

逆に、一度はクリエイターになったもののそれを継続できない人というのは、この種の恥知らずさがない。それが勘違いだと分かったとき、二度とそういう気持ちを抱くことができない。

小説家でいえば、ニートのことも異世界のことも、人は本質的に理解できないと知りながら、なおそれを理解したと素直に思い込めるほどの厚顔さがなければ、書き続けられはしない。そういうふうに、勘違いすること、あるいは厚顔であることが、クリエイターになるためには、あるいはクリエイターでいつづけるためには、欠かせない条件となっているのである。

参考:東洋経済ONLINE  http://toyokeizai.net/articles/-/118746

 

 

自然栽培農家も同じ

一般的には農薬も肥料も使わない無肥料自然栽培では作物は作れないとされています。

普通の感覚だと「無理だ!」となるところを現在自然栽培を続けている農家は「できる!」と勘違いしたからこそ実際に作物ができているんだと思います。

まあ、実際にはできていますが。

 

「理解」あるいは「分かる」というのは、ある種の勘違いであると、たとえイチローほどではなくとも、何かの道にちょっとでも習熟した人なら分かる。それはつかの間の夢のようなものだ。

この言葉も深いな〜って思うのは、長年自然栽培をされている先輩農家でも失敗はしているし「わからない」って言葉も聞きます。

それだけの経験をされている方でも、わからないって思うことがたくさんあり、それでも試行錯誤を繰り返して栽培をされています。

 

「わかった」と勘違いし、その後「わからない」という壁にぶつかりなが
らも、試行錯誤してまた「わかった」となり、「わからない」となるこの繰り返しを楽しんで続けられる人が、うまくいくんじゃないでしょうかね。

 

 

まとめ

今回引用した記事はクリエイターやプロ野球選手について例としてあげられていましたが、農家でもその他の職業でも当てはまることだと思います。

 

自分に自信がないって人も軽く勘違いしてみたらどうでしょうか?

 

 

 

☆イベント開催☆

ピアンテ 冷製パスタ ジェノベーゼソース

叔父の営んでいるパスタ屋さんで自然栽培バジルなど自然栽培野菜を使ったランチ会を行います。

まずはこちらのブログで内容を確認してみてください。

8/28(日)イベント開催!【自然栽培バジルを食べよう!ラララ♪ランチの会】

 

 

 

 

 

オススメです

ぼくのブログをスマホで見てくださる方が多いみたいなので、プッシュ通知ができるようにしました。

まずは以下のボタンをクリックしてPush7のアプリをダウンロードしてください。

そのあとに登録していただければ更新時にスマホに通知がいきます。(PCでも登録できます)

登録は無料です。

 

6月の人気記事ランキングを出しました!

2016年6月の人気記事ランキングトップ10

日高くるくるねっとでは仲間を募集しています!

日高くるくるねっとに参加しませんか?     

かとうまさや商店24時間受付中です。

かとうまさや商店へ

日本初!無肥料自然栽培小麦農林61号を使ったうどん屋さんが誕生しました!

創業35年のうどん屋さんに手打ちうどんを習いに行ったら意外な展開になっちゃいました!?





-人生観, 仕事論, 未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知り合いの農家が多い幸せ♪

こんにちは〜♪ 昨日の餅つきで筋肉痛の無肥料自然栽培農園「ののの農園」の園長”かとうまさや”です♪ (現在三芳町の明石農園にて研修中)   餅つきに関しては明日UPします。   & …

日高市にて女人禁制場所を発見!歴史に残る日高うどんの会!?

おはようございます。 かとうまさや(ましゃ)です!   女院禁制? 突然ですがあなたは女人禁制と聞いてどういった想像をされますか? ぼくが調べる限り、霊山や相撲の土俵、歌舞伎、島といった場所 …

種芋(じゃがいも)が蜘蛛のお化けのようだ〜

こんにちは〜。 無肥料自然栽培農園「ののの農園」の農園主”かとうまさや”です♪     じゃがいも植え付け準備 (種芋を切る!) さて、暖かくなって来たのでじゃがいも植 …

土ふるいと子持ち高菜【無肥料自然栽培農家 明石農園 研修6日目(2016年2月12日)】

おはようございます。 かとうまさや(ましゃ)です。   昨日は明石農園研修6日目でした。   苗の土ふるい 昨日は苗に使う土を集めました。 明石農園では野菜くずや雑草を野積みしてお …

秋ナスは輪切りすべし!【無肥料自然栽培農家 明石農園 研修117日目(2016年9月5日)】

こんばんは。 無肥料自然栽培農園、ののの農園の園長”かとうまさや”です! (現在三芳町の明石農園にて研修中)   サッカー日本代表アジア最終予選でさっきタイとの試合がありましたが、2-0で勝 …

プロフィール


【ののの農園】かとうまさや・いずみ・いろは

埼玉県日高市にて自然栽培で家庭菜園をしながら、オーガニックライフスタイルを実践しています。日々の生活を発信しています。

■「ののの農園」の詳しいプロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラからどうぞ

 




Facebookページ

LINE@友達追加

LINE@も始めたので、今すぐ登録を〜↓

友だち追加

アーカイブ