泣く子も黙る【ひえコロコロ(創健社)】子どもにおすすめ砂糖なし・無添加お菓子が超便利!

ひえコロコロ

ののの農園のかとうまさやです。

かとうまさや
かとうまさや

子どもってすごくかわいいのですが、グズグズしたり、泣き出したりと大人の思うようにいかないことは、しょっちゅうありますよね。

すぐに抱っこしたりしてあやすことができる状況だったらいいのですが、車の運転中だったり電車に乗っていたりと、あやすことができない時もあります。

そんな時に、紛らわしとしてちょっとしたお菓子があると、めっちゃ便利です。

でも、子ども(赤ちゃん)にあげるなら砂糖なし味付けなし、そして添加物なども入っていない方がいい!!!

そう考える人もいると思います。

そんなあなたにうちでめっちゃ重宝している【砂糖なしお菓子】がありますので紹介します。

それが、創健社の【ひえコロコロ】という、ひえのポン菓子です。

タイトルにも書いた通り、泣く子も黙るお菓子で、うちでもなんど救われたことか。。。

かとうまさや
かとうまさや

子どもがいる知り合いにはおすすめしまくっています。

っということで本記事では、ひえコロコロの特徴やおすすめポイントを紹介しています。

  • 砂糖なし
  • 無添加
  • ノンオイル
  • 味付けなし
  • グルテンフリー

このようなお菓子を探している人は、ぜひ読み進めてみてください。

*砂糖入りがよくないという考えは、ぼく自身アトピーで苦しんだ時に砂糖を食べると、必ず痒くなっていたからです。

 

創健社の無添加お菓子の【ひえコロコロ】はおやつに最適、味も大きさもgood

創健社のひえコロコロは、原材料「ひえ」のみと、非常にシンプルなポン菓子です。

味付けも全くないので、砂糖などは入っていないので、安心して子どもにあげられます。

かとうまさや
かとうまさや

大人が食べても普通においしいです^^

味わいは、お米のポン菓子と変わらない味で、少し香ばしさを感じます。

ポン菓子なのでサクサクっとした食感が楽しめるし、歯がない子どもでも唾液で簡単に溶かすことができるので、噛んでも噛まなくても食べられるおやつです。

かとうまさや
かとうまさや

つまり、歯が生えていない赤ちゃんでも食べられます!

【ひえコロコロ】が他のポン菓子と違って、オススメできる点は、

「大きさがちょうどいい」

ってことです。

子どもが手に持てるサイズで、かつ一口で食べきれる大きさです。

小さいと掴みにくいし、一口食べたらすぐに飲み込んでしまうので、次々とあげないといけなくなってしまいます。

逆に大きすぎると、食べているうちにボロボロとカスが落ちたりするので、一口サイズでかつある程度の大きさっていうのが大事だな〜って感じています。

あるとき家族3人で車で移動していました。娘は後ろの席のチャイルドシートに乗っています。
子どもって機嫌がいい時もありますが、機嫌が悪い時もあります。
この日は、あいにく機嫌が悪くグズグズしています。
そんなときにこの【ひえコロコロ】を助手席から振り向いてあげると、娘は両手に持てるだけ掴み取り、口の中にほうばり満足そうに食べています^^
食べ始めれば、機嫌は直りますので、お代わりしそうだったら追加であげます。
こんな風に我が家では、機嫌直しとしても重宝しているお菓子のひとつです。 

無添加お菓子の【ひえコロコロ】は、お湯で溶かして、スープや離乳食にも可能

パッケージのおもて面に「そのままでも、お湯やスープに入れて浮き実やおかゆ代わりにもお使い頂けます」と書いてあります。

スープは試していませんが、お湯で溶かしておかゆにして娘にあげたことはあります。

他には、牛乳やヨーグルトをかけて食べている子もいるようです。

かとうまさや
かとうまさや

軽くて持ち運びも便利なので、もしもの時の離乳食としても活躍します。

出先でお湯だけもらえれば、簡単に離乳食にできますので!

あと、非常食にもできます!

無添加お菓子の【ひえコロコロ】はいつからOK?赤ちゃんでも大丈夫?

うちの娘は7ヶ月ごろから食べていますので、そのくらいから大丈夫だと思います。

そして、2歳過ぎても食べてくれています。

2歳をすぎると、娘の食事は大人と同じようなものを食べるようになり、味のない【ひえコロコロ】はもう食べないのかな〜って思っていましたが、普通に食べます^^

かとうまさや
かとうまさや

たまにぼくたちに「あ〜ん」って食べさせてくれることもあります♡

お腹が空いた時や、グズグズしているときにあげているおやつのひとつです。

無添加お菓子の【ひえコロコロ】はアレルギーに対応可能なお菓子?

あと、【ひえコロコロ】は、原材料「ひえ」のみのお菓子なので、アレルギーにも対応できる可能性が高いです。

注意が必要なのはこのお菓子を作っている工場では、「卵」「乳成分」「小麦」を含む製品を生産していること。

アレルギーに関しては、医者の判断も必要なことがあると思うので、かかりつけの医者に相談してみてください。

無添加お菓子の【ひえコロコロ】の値段と賞味期限は?

さて、ご紹介してきた【ひえコロコロ】のお値段ですが、280円(税込)です

かとうまさや
かとうまさや

ぼくはこの量でこの値段は、安いと思います。

賞味期限は製造日より6ヶ月。

うちは、近くにある自然食品店で売っているので、そこで買っています。

関東だと「有機の里」と「こだわりや」には置いてあるようです。

近場に売っていない場合は、ネットで買えますので、まとめ買いがおすすめです。

まとめ│【ひえコロコロ】は7ヶ月ごろからまとめ買いすべし

砂糖なし・無添加・ノンオイル・グルテンフリーのお菓子としてひえコロコロを紹介しました。

生後7ヶ月ごろから2歳過ぎまでの子どものおやつとして超おすすめです。

うちでは「泣く子も黙る」お菓子としてマジで重宝しています^^

かとうまさや
かとうまさや

娘が電車や車でグズったときに、なんど助けられたことか!

お出かけにひえコロコロを持ち歩くのは、お守りのようでした。

近くの自然食品店で売っていないっていう声も聞きますので、そういう場合はネット買えるのでまとめ買いしておきましょう。

孫や姪っ子甥っ子へのプレゼントにも喜ばれると思いますのぜ、ぜひともおすすめしますー。

あと、他のお菓子など自然食品をまとめ買いするなら、楽天市場内の京都太秦しぜんむらさんがおすすめです!

オーサワ玄米ポンセン0歳からあげたい砂糖なしお菓子【オーサワの玄米ポンセン】が超おすすめ  

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です