貴重な国産、在来種・ホウキモロコシの栽培方法!(種がほしい方には無料で配布しています←残り5名)

ホウキモロコシ栽培

自然栽培で家庭菜園をやっている、ののの農園( @nononofarm) のかとうまさやです。

2016年12月に永倉さんという埼玉県で唯一、座敷箒を作り続けている方にお会いしました。
埼玉県ではもう”永倉さんしか”箒づくりをしている人はいないそうです…

埼玉でたったひとりの箒職人「座敷箒職人」絶滅の危機をどう救う?埼玉でたったひとりの箒職人、永倉一男さんに会いに行って来ました!

この日本の昔ながらの座敷箒(江戸箒)の原料となっているのが、「ホウキモロコシ」というイネ科の植物です。

たぶん食べることはできないのですが、穂先の種を取って紐で編み込むことで座敷箒になります。

昔々埼玉や神奈川中津、栃木鹿沼などでは、農家の冬仕事として箒づくりが行われていたそうです。
埼玉にもたくさんの箒職人がいたとか!

しかし今となっては箒職人もいなくなり、さらに箒の原料になる「ホウキモロコシ」すらも国産品は超希少な状態に…

今では国産の「ホウキモロコシ」を使った座敷箒は高級品になっています。

永倉さんも箒の原料「ホウキモロコシ」は、タイなどの海外産がほとんどだと言っていました。

うちは2017年に在来種「ホウキモロコシ」の種を手に入れることができ、栽培・自家採種をつづけています。(2019年現在)

本記事ではののの農園の経験してきたホウキモロコシの栽培方法と、ホウキモロコシの種を希望者には配布していますので、その方法をお伝えします。

 

 

ぼくは箒を編むことはできないけど、ホウキモロコシの種を次世代へ繋げることはできる!

永倉さんにお会いし『せっかく日本のすばらしい伝統文化なので、消えてしまうのはとってももったいない!!!』という思いが沸きました!

そこで、ぼくにできることはなにかと考えた結果、「ホウキモロコシ」の種を栽培して次世代へ種を繋げることはできるな〜っと思い、国産在来種の種があるかどうかを調べてみることに。

ネットで「ホウキモロコシ」の種を探していたら福岡県東峰村できのこ農家をされているmameさんのサイトが見つかりました。↓
http://takarakinoko.blog.fc2.com/blog-entry-1826.html

mameさんは「ホウキモロコシ」のタネを無料で配布しているというので、応募して送っていただきました。

mameさんにいただいたホウキモロコシの種

mameさんのブログを拝見すると、この「ホウキモロコシ」の種は元々は神奈川で中津箒を作られている市民蔵常右衛門さんが配っていたタネみたいです。

http://shimingura-tsuneemon.biz/

神奈川で栽培されているホウキモロコシの種が福岡にいき、それが埼玉県日高市にたどり着き、ののの農園で栽培をつづけています^^

  

 

ホウキモロコシの栽培方法

ホウキモロコシの種をmameさんから譲っていただき、細々と栽培&種取りをつづけています。

栽培方法は、まだ確立できていませんが今ぼくがやっている栽培方法をお伝えします。

種まきの時期

ホウキモロコシの種まきの時期は、5月〜6月に行っています。

高きびやひえ、あわなどのイネ科の雑穀と同じような植物ですので、それらの種まきの時期と同じ頃がいいのではないかと考え、5〜6月に種まきしています。

育て方

畑の準備としては、野菜を育てるときのように準備します。
草を取り除き、耕します。
うちは肥料なしで育てていますが、それでもまったく問題なく育ちます。

つづいて、幅60cmほどの畝を作りマルチを張ります。

マルチは穴開きで9230というもの。
95cm幅、2条、30cm間隔の穴があるものです。

ひと穴に5粒ほど種を蒔きます。(直まき)

MEMO
ポットに種を蒔いて大きくしてから定植する方法も試しましたが、手間がかかるのと生育に大きな違いが見られなかったため、うちは直まきしています。
ホウキモロコシの双葉

背丈が15cmくらいになったら2〜3本に間引きします。
このとき引っこ抜くと残った株の根を傷つけてしまうので、ハサミで切ります。

草に埋もれると負けてしまうので、適宜草取りをし埋もれないように注意しながら栽培してください。

ホウキモロコシの収穫時期

収穫は8月中旬ごろから頃合いを見て収穫します。
座敷箒にするには種が熟す前に収穫します。

種どりする場合は、種が熟して穂が垂れるようになったら収穫し、穂先から種を取ります。

注意
ホウキモロコシは鳥の餌になりますので、外で干したりする場合は食べられないようにネットを張るなどして対策してください。
ホウキモロコシ
先端の種を取った穂先

 

 

ホウキモロコシ栽培│まとめ

ホウキモロコシの種も地域によって少しづつ特徴が違うそうです。

神奈川の中津箒さんから福岡のmameさんを経由してぼくたちのもとに巡り巡ってきた「ホウキモロコシ」の種。

しっかりと命のバトンを繋いで行ければと思います。

そして時間の余裕ができたならば、箒を編むやり方も学びワークショップを開催できればと思っています^^

追伸│ホウキモロコシの種がほしい方へ(残り5名)

ホウキモロコシの種がほしいという連絡を毎年いただきます。
ぼくたちとしては、在来種のホウキモロコシは積極的に広めていきたいと考えているので、無料でお配りしています。

残り5名です!

お配りの方法は福岡のmameさんと同じです。

まずは、お問い合わせフォームよりホウキモロコシの種がほしいと連絡ください。(お名前がないものは無効とさせていただきます)

メールにてうちの住所をお伝えします。
その住所宛に、切手を貼った返信用の封筒(返信先の住所氏名を記載したもの)を同梱して郵送ください。
ホウキモロコシの種を入れて返信いたします。

在来種のホウキモロコシを残すためにぜひ自家採種して種をつなげてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です