「座敷箒職人」絶滅の危機をどう救う?箒職人永倉一男さんに会いに行って来ました!

日本の伝統文化を守りたい、ののの農園」のかとうまさやです。

「座敷箒職人」絶滅の危機をどう救う?

あれは2016年10月ごろ、そう今年のできごとです。

どういうきっかけだったのか忘れてしまいましたが、日本の座敷箒職人がいなくなってしまうというのを知りました。

その時ぼくが思ったのは単純に日本の伝統的な文化をここで無くしてはいけない!

素晴らしい技術を未来へと繋がないといけない!

と直感的に思いました。

そして、色々とネットで調べたらなんと埼玉県に唯一座敷箒職人が残っているということを知りました。

江戸時代に盛んになった座敷箒は江戸から埼玉へも伝えられ、昔の上福岡市や大井町あたりで盛んだったそうです。

そして埼玉で唯一存在する座敷箒職人は、「永倉一男」さん。

現在80歳で現役で箒を作られているとの情報を得ました。

ネットで調べたらご自宅の電話番号があったので早速電話。

直接お会いして作業を見させていただきたいとお願いしました。

しかしその時の答えは、『今は催事などで外に出払っていることが多く家にいることが少ないから、日高市に住んでいるなら12月に新宿の京王百貨店で行われる催事にいるから、そこに来てくれれば作っているところを見せられる』とのことでした。

今すぐにでもお会いしたかったのですが、12月まで待つことにしました。

埼玉県の座敷箒職人「永倉一男」さんに会う

そして昨日、新宿の京王百貨店で開催されている「NIPPONの技 工芸職人展」に行ってきました。

催事場を見渡したら、いました永倉一男さん!

埼玉県で唯一存在する座敷箒職人です。

ドキドキしながら話しかけたら気さくに色々と教えてくださいました。

短い時間でしたがお話しさせていただいた内容をまとめると以下の通り。

・国産の「ホウキモロコシ」は栽培している農家がいなくもう手に入らない

・永倉さんが使っているのも原材料はタイかインドネシア

・外国のは硬い(日本の方が柔らかくていいそうです)

・日本の種をタイやインドネシアに持って行って指導した

・色味が青い箒は脱色してからその後着色したもので自然ではない

・箒の技術が受け継がれることはない 何故ならば原材料が手に入らない(ホウキモロコシだけでなく麻の糸など)

・「ホウキモロコシ」にも品種がある

・長野の品種は穂先が長くなるので使いづらい

・千葉の成田空港ができたあたりで作られていた「ホウキモロコシ」が良かった

・昔はあの辺り(成田空港)は開拓地で苦労して開拓した農民がいた

・みずほ台駅周辺の「ホウキモロコシ」も良質だった

・穂先が枝毛みたいにたくさんついている方が軽くてボリュウムが出ていい箒ができる

・皇室にも献上している(新嘗祭で使っているとか)

・その皇室に献上する座敷箒の「ホウキモロコシ」を自分で栽培している

・箒を作るときは穂先を合わせる(穂先は柔らかくて大事なので切らない)

・「ホウキモロコシ」の種は5月に蒔く

・岩手の座敷箒は加熱して縮れてしまってゴミがそこに絡まって取れない

・座敷箒づくりは百姓の農閑期の仕事だった

・箒の柄も昔は国産の竹を使って装飾などされていた(今では外国産)

・竹の柄が折れにくくていい

・掃除機は畳を痛める→箒がいい

ぼくが来年から農業を始めるので「ホウキモロコシ」を栽培したいと言ったら栽培についても教えてくれました。

しかし今「ホウキモロコシ」の種が手に入るのか?どうなのか?と言われていました。

確かにネットで調べたら販売している種屋さんはなさそうです。

ふじみ野市に問い合わせればあるかも?とも教えていただきました。

栽培については5月に種をまき、8月くらいに収穫。

種まきは30cm感覚に5粒づつ種をまき、間引いて最終的には3本くらいにするといいそうです。

収穫は種をつける前で、茎が折れる時期(?)がいいとか。

この辺はよくわからなかったので、再度お聞きしたいです。

収穫後は穂先の種を取り、穂先を隠して茎の方を3日ほど天日干しします。

以上のように大体の流れはお聞きできました。

また、昔国産の「ホウキモロコシ」は千葉県の成田空港ができたあたりで栽培されたものやみずほ台駅周辺で栽培されたものが良かったでそうです。

成田空港ができる前は開拓者が土地を開墾して畑を作り作物を作っていたそうです。

そのような場所とは知らずに普通に成田空港を使っていました。

成田空港ができたことで少なからず座敷箒の衰退へ影響しているでしょう。

みずほ台駅はぼくが研修に行っている明石農園の最寄駅です。

なんとも馴染みのある地域で「ホウキモロコシ」が作られていたことを知りまして、何かのご縁を感じます。

「ホウキモロコシ」は茎と穂先との長さがそれぞれ違うので、ちょうど合うものを選び出してそれらをまとめて箒にするそうです。

長さを合わせるために穂先を切ったりは絶対しないとか。

穂先の柔らかい場所が大事だそうです。

すごく手間暇かかる仕事です。

そして皇室にも毎年献上しているそうです。

新嘗祭で使われる小さな箒を作っていると言われていました。

しかもその原材料となる「ホウキモロコシ」は永倉さん自ら栽培されているそうです。

このことをもっと外にアピールできれば職人になりたい若者が出てくるんじゃないでしょうか?

このお話の時にヒョイっと出されたのがこの箒。↓
永倉さんが自ら育てて皇室献上のために作った箒と同じ素材で作ったミニ箒です。

香りを嗅ぐととってもいい香りがするし、穂先も柔らかいです。

そしてこの箒、『持って帰っていいよ』とぼくにくれました!

貴重な貴重な箒をありがとうございます!

すっごく嬉しいです^^

もともと箒づくりは百姓の農閑期の仕事だったそうです。

でも今はなかなかできないでしょう。

現代、埼玉では不織布やビニールのトンネルなどを使えば、春先の端境期以外は野菜を出し続けることができます。

端境期も野菜は取れませんが、夏野菜の準備で忙しい時期です。

うまく仕事の合間を縫って箒づくりができればいいですが、、、。

日本の伝統文化の危機

座敷箒職人は絶滅の危機です。(いや箒以外にも様々な日本文化がなくなってしまいそうです。)

もっと国の広報が情報発信して危機的状況だということを国民に知らせ、若者があとを継ぐような政策をうってほしいものです。

国がダメだったらふじみ野市がぜひ!

お隣の富士見市は難波田城公園で素敵なイベントを開かれていますよ!

参考:富士見市難波田城資料館イベントはこちら

皇室の関係者もぜひ!

自然栽培農家はたくさんいるし、増えているのでまあいいんですが、座敷箒職人は本当に絶滅の危機です。

ぼくは農家としてやっていくので、箒作りに専念することは無理です。

でもぼくができることとすれば日本産(国産)の「ホウキモロコシ」を栽培することと流通や宣伝すること!

おそらく「ホウキモロコシ」は無肥料自然栽培でも育てやすい作物だと思います。

ぼくだけでなく他の農家さんに委託してもいいかと思います。

参考:東上線物語 「大井、上福岡伝統のほうき作りを守る」

   ショッパー 「職人の巧みな技で作る手編みほうき」

   ふじみ野市HP 「座敷箒(ざしきぼうき)づくり -明治から昭和へ(5)-」

   日本一ネット 「日本最大の座敷箒」

   京王百貨店新宿店 「イベントカレンダー」

   富士見市HP 「難波田城資料館イベント」

まとめ

若者よぜひとも座敷箒職人になろう!

広報、流通、ホウキモロコシの栽培はやりますので、ぜひとも20代30代の方日本の伝統文化を守りませんか?

追伸1

昨年のことですが、お世話になっている「たねの森」のご家族が「のらのら」という雑誌の表紙を飾ったということで、その雑誌を買いました。↓

そしてその雑誌の中に「ホウキモロコシ」の栽培や箒作りの方法など買いてあることに少し前に気づきました。

この雑誌を永倉一男さんにも見せたかったと今更後悔。

追伸2

永倉一男さんから旧上福岡市のパンフレットをいただきました。

右下に永倉さんが載っていました。↓

上福岡市は合併してなくなっているので、このパンフレットは貴重なものです。

追伸3

新宿の京王百貨店で開催されている「NIPPONの技 工芸職人展」は永倉一男さん以外にもたくさんの職人さんが来ていて、もっとじっくりと時間をかけて見たかったです。

2 COMMENTS

nononofarm

とてもいい情報ありがとうございます^^

早速「いいね」しました!!!

イベントなどされているようなので、
行ってみて色々と聞いてこようかと思っています♪

本当にありがとうございます^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です