日本一の群生地「巾着田の彼岸花(曼珠沙華)」でのコスプレ撮影には早朝がおすすめです。

日高市で生まれ育った、ののの農園のかとうまさやです♪

ぼくの地元、埼玉県日高市は彼岸花(曼珠沙華)で有名です。
日本一の群生地だそうで500万本もの花が咲き、赤い絨毯がとてもきれいな景色を作り出してくれています。

これを目当てに観光客がたくさん訪れ、上皇・上皇后陛下も訪れたほど!
この時期は道路が渋滞し、普段は閑散としている高麗駅も人で賑わいます。

実は、コスプレイヤーにとってはここ巾着田は撮影の聖地にもなっているようで、巾着田内で撮影している姿を見かけます。
しかし、観光客で混み合う巾着田の中で撮影するのは困難だと思います。
そこでおすすめしたいのが早朝に撮影するということです。

 

 

コスプレイヤーの聖地「巾着田の彼岸花」!

巾着田に彼岸花を見に行くと、コスプした人をたくさん見かけます。
こんな感じ↓

巾着田 彼岸花 曼珠沙華 コスプレ

以前来た時にも同じ光景を見かけました。

一眼レフカメラを設置し自撮りする人や、2人で来てる人、専属のカメラマンがいる人などなど巾着田内の各地で撮影会が行われていました。

なぜ彼岸花とコスプレなのか?

なぜ彼岸花とコスプレが組み合わされるのかがわかりませんでしたが、調べてみるとコスプレイヤーの方たちの間では彼岸花を背景に写真を撮ることが、いい演出になるようです!

あるサイトには彼岸花撮影ができる会場6選ということで関東の彼岸花が撮影出来るスポットが紹介されていて、”巾着田”も載っていました。

参考:彼岸花撮影が出来る会場6選と撮影のポイント

巾着田はコスプレ撮影するなら早朝がおすすめ

巾着田は彼岸花の日本一の群生地で500万本もの花が咲き乱れます。
そのため、撮影スポットとしてはとても映える写真が撮れること間違いなしです。(時期を逃さなければ)

しかし、日本一である分知名度が高く、彼岸花が咲く時期はとても混み合います。
コスプレの撮影となると、記念撮影のように数枚「パシャり」で終わりではないでしょうから、長い間その場での撮影となることでしょう。
そうすると、通行人の邪魔になってしまったりする場合もあります。

そこでおすすめなのは、早朝の空いている時間帯に行き、撮影することです。
早朝なら観光客はいないので、周りの目を気にすることなく撮影に集中できますし、駐車場も満車になることなく確実にとめられます。

そもそも彼岸花とは?

彼岸花とは彼岸の時期に咲く赤い花の名前です。

彼岸花は別名があり一般的なのがヒガンバナ、またはサンスクリット語での曼珠沙華(マンジュシャゲ)とも呼ばれています。

彼岸花は毒を持っているため、モグラやネズミなどの動物を遠ざけるために田んぼの畦やお墓に植えられて来ました。

そのためか、様々な呼び名がつけられていて、死人花、地獄花、幽霊花、剃刀花、狐花、捨子花などたくさんあります。

もともとは中国から入ってきた植物だそうで、日本中に分布しています。

参考:ウィキペディア「彼岸花」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%8A

この彼岸花ですが、咲く時期がとても短くあっという間です!!!
旬の時期はだいたい1種間ほど。
巾着田では開花状況を公式HPに載せていますので、そちらのチェックはお忘れなく。

 

 

巾着田で彼岸花の楽しむための注意点

せっかく巾着田に来るんだったら、がっかりはして欲しくないです。
なので事前にこちらの情報を確認しておいてください。

①彼岸花の開花情報をチェックする

まずは彼岸花の咲き時期を見定めることが大事です。
それにはこちらのサイトを参考にしましょう。

日高市巾着田オフィシャルサイト:曼珠沙華最新開花状況

公式サイトの中で彼岸花なの開花履歴が見れます。

曼珠沙華開花履歴

この表を見るとわかりますが、9月の下旬ごろから10月の上旬ごろが見頃です。

②アクセス

車でお越しになる場合、かなり混むことを念頭に置いて来てください。
特に土日は渋滞します。
巾着田の周辺に臨時駐車場ができたり、地元の駐車場があります。
ですが、電車で行った方が無難だと思います^^

ちなみに巾着田内の駐車料金は500円。
近隣も500円にしているところがほとんどです。

電車で巾着田を訪れる場合は、西武鉄道「高麗駅(こまえき)」を利用するのが一番近いです。
間違ってJRの「高麗川駅(こまがわえき)」に行かないように。
JRの「高麗川駅」からだとかなり遠くなってしまいます。

「高麗駅」からは歩いて15分ほどで巾着田に行けます。
その歩く道に市民の方がお店を出していて、彼岸花の球根を売っていたり、花や農作物を売っていたりしますので、道中も楽しめます。

③ランチかカフェ休憩は阿里山カフェ

巾着田への入り口にはオーガニック&ベジタリアンカフェの「阿里山カフェ」があります。
赤い欧風の建物があるので、すぐに見つけられると思います。

阿里山カフェ
阿里山カフェ

お昼ご飯をここで食べてもいいですし、歩き疲れた体を休めるためにお茶してもいいでしょう。

巾着田内にも地元のお店がたくさんの出店していますので、そこで飲食も可能です。

④彼岸花が見れるのは巾着田の奥

巾着田の入り口近くは私有地なので、奥の方に進みますと彼岸花が咲いています。

巾着田 彼岸花 曼珠沙華

巾着田ではホタルの環境づくりにも取り組んでいますので、荒らさぬようお願いします!

巾着田 彼岸花 曼珠沙華

初夏にはホタルの鑑賞もできます。

⑤入場料は300円

彼岸花を見るためには駐車料金とは別途入場料300円がかかります。

巾着田 彼岸花 曼珠沙華

彼岸花は大きく分けて上流と下流に咲いていて、それぞれ開花時期が少しづつずれるようで、上流が早く下流の方がゆっくりだそうです。

中には白い彼岸花もありますので、見つけてみてください。

巾着田 彼岸花 曼珠沙華
巾着田 彼岸花 曼珠沙華
巾着田 彼岸花 曼珠沙華
巾着田 彼岸花 曼珠沙華

奥へ進むとあいあい橋と言う木造のトラス橋があります。
ふるさと創生事業の資金で作ったようで、立派な橋ですのでこちらも見ていかれるといいと思います。

巾着田 彼岸花 曼珠沙華

※トラス橋ってのは三角の骨組みをつないで作る橋のことをいうようです。

駐車場や駅から歩いて来ると上流から入れるので、そのまま川の流れに沿って歩き、中ほどの出店ブース少し休憩。
その後下流へ向かっていくのがスムーズな流れかと思います。

⑥佐島牧場

佐島牧場 馬

巾着田内には佐島牧場という牧場があって、馬やポニーなど70頭ほど飼っているようです。
しかも餌を100円であげることができるし、実際に使用した馬の蹄も売っています。(餌やりができる時期は限られているようです)

佐島牧場 馬

こちらが売っている蹄。↓
交通安全のために車に置くとお守りがわりになるそうです。

巾着田 佐島牧場 蹄
佐島牧場 馬 

間近で見る馬は迫力があり怖かったですが、巾着田に行ったのならぜひとも見に行ってみるといいでしょう。
週末には乗馬体験もできるようですよ〜。

まとめ┃コスプレして巾着田の彼岸花と写真を撮影するなら早朝がおすすめです

巾着田の彼岸花は有名なので観光客がたくさん訪れます。
車の混雑は毎年のことで、コスプレの写真撮影をするのなら空いている早朝がおすすめです。

また、その年によって彼岸花の咲く時期が1〜2週間程度変わって来ますので、開花状況を公式HPで確認してから訪れるといいでしょう。

日高市ではこの流れに乗って、2016年10月から日高市の花に曼珠沙華を追加することも決まったようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です