【自然栽培】安心安全でおいしいじゃがいもの育て方

じゃがいもの育て方 じゃがいも栽培 自然栽培 

自然栽培で家庭菜園をしている、ののの農園のかとうまさやです。

家庭菜園初心者でも簡単に栽培でき人気の野菜といえばじゃがいも。

できれば安心安全でおいしいじゃがいもを栽培したい!

のの子さん

そんな気持ちでじゃがいも栽培に取り組む人も多いでしょう。

かとうまさや
かとうまさや

自然栽培なら安心安全でかつ、おいしいじゃがいもを育てることが可能です!

そう。自然栽培なら、

  • 安心安全
  • おいしい

を両立できます。

これはぼくが5年以上自然栽培でじゃがいもを育ててきた経験から強く感じていることです。

この経験をもとに本記事では、自然栽培でのじゃがいもを育て方を初心者にもわかりやすく解説しています。

ぜひぜひ読み進めてみてください。

 

 

【自然栽培】で安心安全とおいしいの両立

自然栽培でじゃがいもを育てることにより、安心安全とおいしいを両立することができます。

かとうまさや
かとうまさや

その理由を解説しますねー

自然栽培じゃがいもが安心安全な理由

自然栽培 安心安全 じゃがいも

自然栽培とは、農薬と肥料を使わずに野菜を育てる農法です。

安全性に賛否両論ある農薬を使っていないので、安心して野菜を食べることができます。 

人によっては、敏感に感じて影響を受ける人もいるだろうし、子どもやお年寄りは特に気をつけたほうがいいのではないかと考えています。

かとうまさや
かとうまさや

ご家族が農薬の影響を受けてしまうので、無農薬に切り替えたという話は聞きますねー

また、自然栽培は化学肥料や有機肥料などの肥料を使わないので、作物が栄養を探すために根を深く伸ばします。

これは、山の木のように自ら栄養を探して育つ植物と同じため、より自然に近い環境で野菜を育てることになります。

これらの観点から、自然栽培のじゃがいもは安心と安全を兼ねそろえていると考えています。

自然栽培じゃがいもがおいしい理由

安心安全 子ども

自然栽培のじゃがいもは、マジでおいしくてやめられません…

変なえぐみがなく、スッキリしていて口触りが気持ちよい!

かとうまさや
かとうまさや

おいしさの理由は肥料を入れていないこと!

先ほども言いましたが、肥料を入れないと作物が自分で栄養を探しに根を伸ばす。

その結果、成長ペースはゆっくりですが、細胞のつまった味わいのある野菜ができます。

これがおいしさの秘訣だと感じています。

かとうまさや
かとうまさや

一度食べたらこのおいしさを知ってもらえると思います!

   

じゃがいもの品種の選び方

つづいては、種芋の品種の選び方をお伝えします。

じゃがいもってたくさんの品種があるので、どれにすればいいのか迷いますよね。

かとうまさや
かとうまさや

安心してください。ぼくがわかりやすく解説しますー

種芋の選び方

じゃがいも 種芋 ホームセンター

2月ごろになるとホームセンターや種苗店で種芋の販売が始まります。

ポイント
3月に入ってしまうと、売り切れる品種もありますので、2月中に買うことをおすすめします。

種芋選びの基準としては、3つあります。

  1. 味と料理方法
  2. 収穫の速さ
  3. 貯蔵性
かとうまさや
かとうまさや

それぞれ詳しくみていきましょう。

①味と料理方法

味は、人それぞれ好みがあるので自分の好きな品種を選んでください。

かとうまさや
かとうまさや

ぼくは、キタアカリ、トヨシロの味が好きです!

あと、どのような料理に使うかでも品種の選び方が変わります。

具体的にはこちらの2種類で考えられます。

  • 煮崩れしやすい
  • 煮崩れしにくい

煮崩れしやすい品種としてはこちら。

  • 男爵
  • キタアカリ
  • とうや
  • アンデスレッド

煮崩れしやすい品種は、マッシュポテトやオーブン焼き、ポタージュ、炒めものなどの料理に向いています。

煮崩れがしにくい品種がこちら。

  • メークイン
  • とうや
  • 十勝こがね
  • シンシア
  • ニシユタカ

煮崩れしにくいので、煮物、カレー、シチューなどの料理にむいています。

このように料理方法によって品種を選ぶ方法もありますので、参考にしてください。

かとうまさや
かとうまさや

ちなみに個人的は煮崩れしようが構わないので、味で選んでますーw

②収穫の速さ

収穫の速さで選ぶ方法もあります。

収穫の速い作物のことを「早生(わせ)」といいますので覚えておいてください。

じゃがいもだとこれらが早く収穫できる品種(早生)です。

  • 男爵
  • キタアカリ
  • さやあかね
  • インカのめざめ
  • ワセシロ

収穫時期が早めなので、早く食べることができます。

「できるだけ早く食べたいー」っという人はこれらの品種を選んでください。

③貯蔵性

最後に貯蔵性で選ぶの方法もあります。

じゃがいもにおいて貯蔵性というのは、「芽が出る速さ」のことをいいます。

芽が早く出るものは貯蔵期間が短く、芽が出にくいものは貯蔵期間が長くなります。

貯蔵期間が長いじゃがいもとしては、こちらがあります。

  • 男爵
  • トヨシロ
  • ホッカイコガネ
  • とうや
  • ノーザンルビー
  • 十勝こがね

これらの品種を選べば長く貯蔵でき、長期間食べることができます。

少しシワシワになり見た目は悪くなりますが、年を超えて貯蔵することも可能です!

かとうまさや
かとうまさや

でもこのシワシワになっているのが、甘くておいしいんですよ〜

2期作ができる品種も(関東基準)

また、貯蔵期間が短い品種の中でも年に2回栽培できる品種もあります。

春と秋の2回栽培することにより貯蔵期間の短かさをカバーすることができるんですね。

年に2回栽培できる品種はこちら。

  • デジマ
  • アンデスレッド
  • ニシユタカ
MEMO
・1回目→3月ごろ植え付けの6月頃収穫
・2回目→8月頃植え付け11月頃収穫

このように、「味」、「収穫の速さ」、「貯蔵性」の3つの観点でじゃがいもの品種を選ぶと選びやすいと思います。

ちなみにののの農園で育てている品種とその理由は、こちら。

  • トヨシロ(味と貯蔵性、油との相性がいい品種)
  • キタアカリ(味、マッシュポテトが好き)
  • 男爵(貯蔵性、なんでも合う)
  • デジマ(2期作、収穫量は少なめ)
かとうまさや
かとうまさや

品種が多すぎると管理が難しくなるので、5つ以内にするのがおすすめです!

MEMO
ちなみに種芋を買ってからの貯蔵は、家の中に入れておけば特になにもしなくても大丈夫です。

【自然栽培】じゃがいもの栽培方法

それではじゃがいもの育て方を解説していきます。

栽培スケジュールはこちらになりますので、参考にしてみてください。

じゃがいも栽培の土づくり

まずは、土づくりです。

自然栽培は、肥料を入れないで作物を育てますので、なにかを入れることはありません。

しかし注意してほしいポイントはいくつかあります。

土づくりとしては、ぼくは以下の3つに気をつけています。

  • 未分解の草がある場所では栽培しない
  • 土は耕す
  • イネ科とマメ科の作物を取り入れる

未分解の草がある場所では栽培しない

未分解の草があると、それらを分解するために虫が来ますので、やめましょう。

草を畑にすき込む場合は、枯れてから入れる。

草をすき込んでから作物を育てる場合は、しっかりと分解してから作物を育てる。

この2点は頭に入れといてください。

かとうまさや
かとうまさや

過去に昔未分解の藁があるまま里芋を栽培したら、虫の被害がすごかったです!

土は耕す

耕運機 耕うん 耕し

土は耕します。

耕すことにより、空気が入り微生物が活性化します。

また、植え付けの1週間前に1度耕して土を柔らかくしておくと、植え付けしやすくなります。

ある程度の広さがある場合は、耕運機があると便利です。

かとうまさや
かとうまさや

もちろん鍬で耕してもいいです。

イネ科とマメ科の作物を取り入れる

イネ科 緑肥 えん麦 オーツ麦 麦 敷わら

自然栽培の土づくりには、イネ科とマメ科の作物を育てる方法があります。

この二つの作物は昔から土づくりによいとされてきました。

かとうまさや
かとうまさや

緑肥とも呼ばれています。

イネ科だとこちら。

  • 小麦
  • ライ麦
  • エンバク
  • ソルゴーなど

マメ科だとこちら。

  • 大豆
  • クローバーなど

作物の生育が悪いな、土が痩せているのかなと思ったら緑肥を育てて土づくりをしてあげるとよいでしょう。

かとうまさや
かとうまさや

土づくりは時間がかかりますが、長い目で見て取り組みましょう!

種芋を切って灰をつける

畑の準備ができたら、種芋をカットして、灰をつけます。

種芋を切るときには、1片が約40gになるように切ります。

じゃがいも 種芋 カット

やり方は、種芋全体の重さを計り、100gだったら2等分。

150gだったら3等分という感じです。

かとうまさや
かとうまさや

コツとしては、芋の頭のあたりに芽が集まっているので、そこから縦に切ることです。

また、切り分けた種芋に芽がちゃんと残るように切り分けます。

切り終わったら、断面に灰をつけます。

じゃがいも 種芋 灰 

灰の付け方は、芋を持って断面を灰にちょんちょんとつけて、余分な灰は落としちゃって大丈夫です。

かとうまさや
かとうまさや

灰をつけると腐りにくくなるのでつけています。

MEMO
灰がない場合は、2〜3日天日干しする方法もあります。夜は家に入れましょう。出しっぱなしにして寒さにやられた失敗経験があります。

じゃがいもの植え方

じゃがいも 植え付け 

種芋の準備ができたら、じゃがいもを植え付けします。

そのために、まずは溝を掘ります。

深さ20cmほどで、道具は耕耘機や鍬を使います。

ジャガイモ栽培 溝掘り 

うちは、耕運機に培土機というのをつけて、溝を掘っています。

耕運機があるなら、培土機を購入するのがおすすめ。

培土機使うと、溝掘り、畝作り、土寄せがめっちゃ楽になります。

もちろん鍬でも溝は作れます。

かとうまさや
かとうまさや

おすすめの鍬はこちらのブログを参考にしてみてください。

溝を掘ったら、じゃがいもを植えていきますが、種芋と種芋との間隔(株間)は、30cm離しましょう。

かとうまさや
かとうまさや

ぼくはいちいち測るのも面倒なので、1足ぶん開けて植えつけています。

じゃがいも 植え付け 株間

畝が2つ以上になる場合は、畝と畝との長さは70cmほど開けるといいでしょう。

  • 株間30cm
  • 畝間70cm
じゃがいも栽培 自然栽培 種芋 植え方 株間 畝間

種芋は芽を下にして植えます。

芽を下にして植える効果としては、2つ。

  1. 芽が遠回りすることにより芋がたくさんつきやすい
  2. 芽が出るのが遅くなるため遅霜に会う危険性を回避できる

です。

ポイント
自然栽培は連作をしても大丈夫と言われていますので、連作についてはそこまで気にしなくても大丈夫です。
MEMO
じゃがいもの芽が少しでも出てきたら、通路をレーキでひっかきながら土を動かしてあげると、あとあと草管理が少し楽になります。

じゃがいもの芽かき

じゃがいも芽かき2

種芋を植えてから1ヶ月ほどすぎたら、芽が10cm以上になりますので、芽かきをします。

かとうまさや
かとうまさや

芽かきをする理由は、芋を大きくするためです。

芽がたくさん出ていると芋がたくさん収穫できますが、小粒になります。

小粒だとどうしても料理しにくいので、できるだけ大きくして収穫したほうがいいですよね。

point
芽かきをすることにより芋の全体数は減りますが、芋の大きさは大きくなります。

人参や大根を間引きするような感じです。

芽かきのやり方は、5〜7本くらい芽が出ているなかから元気そうなのを3本残して、残りは抜き取ります。

例えば、このように一つの種芋から芽が5つ出ています。

じゃがいも芽かき1

元気のいい芽を3つ選び、残りは引き抜きます。

土を少し掘って根本からゆっきりと引き抜くと上手に抜くことができます。

じゃがいも芽かき2

芽かきができたものがこちら。

じゃがいも芽かき3

すっきりしましたね。

BeforeAfterでみるとわかりやすいと思います。

じゃがいも栽培 自然栽培 種芋 植え方 芽かき
かとうまさや
かとうまさや

抜いた芽は畑に捨てちゃって大丈夫です。

参考:【自然栽培】知らないと損する!?じゃがいもの芽かきのやり方を解説

インスタではリールで解説していますので、動画で見たい場合はどうぞ。

インスタで芽かきのやり方を見る

じゃがいもの土寄せ

土寄せする理由は、芋が外に出ないようにするためです。

じゃがいもは種芋よりも上に実をつけるので、土寄せを何回かしてあげる必要があります。

芋が外に出てしまうと、緑化の原因にもなりますので、土寄せは必須です。

かとうまさや
かとうまさや

土寄せは2〜3回やるのがおすすめ。

土寄せをする時期の目安はこちらを参考にしてください。

  • 1回目→植え付けてから約1ヶ月後(芽かきの後)
  • 2回目→植え付けてから約2ヶ月後(梅雨に入るまでに)
  • 3回目→2回目の土寄せ後収穫する時間がなく、かつ草が目立つようなら

土寄せのやり方は、鍬を使うか耕運機や三角ホーでも可能です。

鍬や三角ホーを使う場合は、片面づつ土寄せします。

じゃがいも 土寄せ ののの農園 自然栽培 無農薬

土はじゃがいもの株元にかけるように土を運んでください。

かとうまさや
かとうまさや

このとき、ジャガイモの葉っぱが土で隠れちゃっても大丈夫!

自分で土の上に出てきます。

耕運機の場合は、先ほど紹介し培土機というのを取り付けて行います。

通路が狭いので車輪も合わせて交換することが多いですね。

こういうの。

家庭菜園レベルだと鍬などでやったほうが早いですが、鍬を使えないとか面積が広い場合は耕運機で土寄せする方がおすすめ。

MEMO
品種によって葉っぱの成長速度が違ってきますが、全部まとめてやったほうが効率がいいです。

じゃがいもの収穫時期と収穫方法

じゃがいも ののの農園 自然栽培 無農薬

じゃがいもの収穫時期は、6月中旬〜7月ごろになります。

目安としては、茎が枯れてきたら収穫しても大丈夫というサインです。

MEMO
完全に枯れるまで待っても、収穫量はかわらないそうです。
かとうまさや
かとうまさや

収穫は晴れの日を選んでやりましょう

スコップがあるととてもやりやすいので、なかったら買っておくことをおすすめします。

収穫方法は、通路側からスコップを入れて、芋を下から持ち上げるようにテコの原理でスコップを下ろします。

その後、手で掘ると簡単に掘り出せます。

掘ったあとは、半日ほどそのままにして乾かしてあげてからしまうと、痛みにくくなります。

じゃがいも ののの農園 自然栽培 無農薬

じゃがいもの保存方法

じゃがいもの保存方法は、冷暗所がおすすめ。

  • 涼しい所
  • 暗い場所

出来る限り家の中で涼しい場所に保管してください。

かとうまさや
かとうまさや

わが家では段ボールに入れて玄関に置いて保管しています。

ダンボールの蓋は必ず閉じて光が当たらないようにしましょう。

光が当たると緑色になり、食べる部分が少なくなってしまいます。

point
芽が出てきたら定期的に取り除いてあげると長く食べられますよ。

じゃがいもの食べ方

堀たての新じゃがは、皮が薄いので皮ごと料理するのがおすすめ。

シンプルに蒸かし芋にすると味がストレートに感じられますので、ぜひ作って存分に味わってみてください。

他の料理としておすすめなのは、こちら。

  • じゃがバター
  • じゃがいものオーブン焼き
  • ポテトサラダ
  • ポテトフライ
  • 肉じゃが
  • カレー
  • シチュー
  • グラタン
  • 炒め物

【自然栽培】じゃがいもの栽培方法┃まとめ

自然栽培でのじゃがいもの育て方を解説しました。

今まで慣行栽培、減農薬栽培、有機栽培など色々な栽培方法のじゃがいもを食べてきました。

かとうまさや
かとうまさや

その中でもやはり、自然栽培のじゃがいもはおいしいなーって感じます。

家庭菜園をやってじゃがいもを育てるならぜひ自然栽培にチャレンジしてみてください。

肥料と農薬なしで初心者でも簡単に栽培できますので、おすすめですー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です